映画「奴らを高く吊るせ!」パンフ

1889年のオクラホマ。無実の罪で無法者たちから吊るし首の「私刑」を受けた男が、その復讐のために彼らを見つけ出し、刑に服させる物語。
クリント・イーストウッドがマカロニ・ウエスタンで活躍して、アメリカでの西部劇へ初めて進出した作品です。

画像
〈ストーリー〉
カウボーイのジェド・クーパーはたくさんの牛を連れ、荒野を馬に乗って歩いていた。すると突然9人の男達に囲まれ、牛泥棒と罵倒され暴行される。
9人の男たちは近くの村の住人で、村の牧場の主人が殺され、牛が盗まれたのだと言う。クーパーは牧場主から買ったのだと言って領収書を見せるが「このサインは偽物だ。主人の年格好を言ってみろ!」と言った。クーパーは「体格のいい30歳代の男だった」と答えるが、「牧場主は80歳代の老人だよ」と言うのだ。クーパーはなんかの間違いだと釈明するが、9人によって吊るし首にあうのだった...。
それから数十分後、たまたまそこを通ったブリス連邦保安官は吊るし首になっている男を発見する。クーパーはまだかすかに生きていた。ブリスは、でもこの男は何か悪いことをしたに違いないと思い、囚人車でオクラホマ準州裁判所に連れて行くのだった...。
クーパーの牛泥棒は無実と分かった。クーパーは牧場主を殺した犯人から、知らずに牛を買ったのだ。そして、クーパーは元保安官をやっていたこともわかる。フェントン判事はクーパーに言った。「どうだ、また保安官をやらないか。オクラホマ準州では保安官が不足しているんだ...。保安官になって、君を吊るした男たちを捕まえてきてくれ。でもなるべく生きて連れてきて裁判をするのだ。私刑はぜったいゆるさない...」と言う。
クーパーはそれを受け入れることにした。それでクーパーは裁判所直属の連邦保安官に任命され、自分を吊るした9人の男達を捜しに行くのだ...。

原題/HANG'EM HIGH
製作/1968年
公開/1968年 アメリカ映画 114分

監督/テッド・ポスト
脚本/レオナルド・フリーマン
   メル・ゴールドバーグ

出演/クリント・イーストウッド
    :ジェド・クーパー/オクラホマ準州連邦保安官
   パット・ヒングル
    :ジョージ・フェントン/オクラホマ準州判事
   ベン・ジョンソン
    :プリス/オクラホマ準州連邦保安官
   インガー・スティーブンス
    :レーチェル/雑貨店女主人・未亡人
   エド・ベグリー
    :ウィルソン/私刑の主謀者
   アラン・ヘイル
    :ストーン/鍛冶屋

上映中パンフレット・チラシ販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック