☆スカーレット・ヨハンソン略歴

★SCARLETT JOHANSSON

 1984年11月22日、アメリカ、ニューヨークで生まれる。父親はデンマーク系、母親はポーランド系の両親から生まれるが、その後離婚してニューヨークとロサンゼルスで育つ。少女時代から女優を志し、8歳の時にオフ・ブロードウェイの舞台「Sophistry」でイーサン・ホークと共演し、女優デビューする。
 94年に『ノース/小さな旅人』で映画初出演する。
 96年の『のら猫の日記』で孤児の妹・マニーを好演し、インディペンデント・スピリット賞主演女優賞候補になる。その後、ロバート・レッドフォードに認められ、98年の『モンタナの風に抱かれて』で落馬事故によって人生に絶望するグレース役に抜擢され脚光を浴びる。
 2001年にはテリー・ツワイゴフの『ゴーストワールド』でトロント映画批評家協会賞助演女優賞を受賞し、演技力も高く認められる。
 03年にはソフィア・コッポラの『ロスト・イン・トランスレーション』に主演し、英国アカデミー賞主演女優賞に輝くなど国際的な評価を獲得し、『真珠の耳飾りの少女』とともに、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にダブルノミネートされる。
 04年『ママの遺したラヴソング』でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)、05年『マッチポイント』で助演女優賞と、3年連続ゴールデン・グローブ賞候補になる。
 06年には『タロットカード殺人事件』に出演、ウディ・アレン監督の新たなミューズとして注目され、08年『Woody Allen Spanish Project』にも出演し、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデムらスペイン出身スターと共演する。一方、ブライアン・デ・パルマ監督の『ブラック・ダリア』ではファムファタル的な悪女の魅力を振りまき、共演者ジョシュ・ハートネットとのロマンスも話題になった。また『プレステージ』では、再びヒュー・ジャックマンと共演する。
 07年には『私がクマにキレた理由〈わけ〉』でコメディーに挑戦し、フィリッパ・グレゴリーの小説を映画化した『ブーリン家の姉妹』では英国王ヘンリー8世を誘惑するメアリーを演じ、ナタリー・ポートマン、エリック・バナと共演する。

画像
★映画出演作品〈製作年〉
〈1994〉
  ノース/ちいさな旅人/NORTH
〈1995〉
  理由/JUST CAUSE
〈1996〉
  失恋セラピスト/
  のら猫の日記/MANNY & LO
〈1997〉
  Fall/FALL
  ホーム・アローン3/HOME ALONE 3
〈1998〉
  モンタナの風に抱かれて/THE HORSE WHISPERER
〈1999〉
  ジョージ/(ビデオ公開)
〈2001〉
  バーバー/THE MAN WHO WASN'T THERE
  ゴーストワールド/GHOST WORLD
  アメリカン・ラプソディ/(テレビ放映)
〈2002〉
  スパイダーパニック!/EIGHT LEGGED FREAKS
〈2003〉
  ロスト・イン・トランスレーション
   /LOST IN TRANSLATION
  真珠の耳飾りの少女/GIPL WITH A PEARL EARRING
〈2004〉
  スカーレット・ヨハンソンの百点満点大作戦
   /(ビデオ公開)
  ママの遺したラヴソング
   /A LOVE SONG FOR BOBBY LONG
  理想の女/A GOOD WOMAN
  スポンジ・ボブ/スクエアパンツ
   /THE SPONGEBOB SQUAREPANTS MOVIE
                   (声出演)
  イン・グッド・カンパニー/(ビデオ公開)
〈2005〉
  マッチポイント/MATCH POINT
  アイランド/THE ISLAND
〈2006〉
  タロットカード殺人事件/SCOOP
  ブラック・ダリア/THE BLACK DAHLIA
  プレステージ/THE PRESTIGE
〈2007〉
  私がクまにキレた理由〈わけ〉/THE NANNY DIARIES
  ブーリン家の姉妹/THE OTHER BOLEYN GIRL
〈2008〉
  /WOODY ALLEN SPANISH PROJECT
  /HE'S JUST NOT THAT INTO YOU

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック