映画「ラスト、コーション」パンフ

1942年。日本占領下の上海。抗日運動に身を投じる美しき女スパイ・ワンは、敵対する傀儡政権下特務機関の顔役、イーに近づき暗殺の機会を狙う。しかし、危険な逢い瀬を重ねるうちに、いつしか彼女はイーに惹かれ、イーもまた純粋さと大胆さを併せ持ったワンの不思議な魅力に埋没していった。二人は必然のごとく、そして死と隣り合わせの日常から逃れるように、暴力的なまでに激しくお互いを求め合う。だが、二人のスリリングで危険に満ちた禁断の愛は、時代の大きなうねりの中で運命的なラストへと向かっていく...。
アイリーン・チャンの同名短編「色、戒」をほとんど忠実になぞりながらも、行間に隠されたディテールに豊かな創造性で厚みと深みを加える事に成功したアン・リー監督。大胆なセックスシーンが、ヴェネツィア国際映画祭に参加していた世界のジャーナリストたちの驚きと賞賛を集めた作品です。

画像
画像
〈ストーリー〉
1938年、中国。日本軍による侵攻から逃れ、本土から香港に集団移住した女子学生ワン・チアチーは、親友ライ・シュウチンに誘われ転入先の香港大学の演劇部に入部し、レジスタンス派の学生クァン・ユイミンに出逢った。強い信念と志しを持つクァンに憧憬の念と淡い恋心を寄せるワン。演劇部の看板女優となったワンは、クァンに導かれるまま、愛国思想に傾いていく。
クァンは、日本の傀儡政府、ワン・ジンウェイ政権のスパイのトップ、イーの元で働いているという幼なじみのツァオとの偶然の再会から、イーの暗殺を思いつく。この計画に、演劇部のワン、ライ、オウヤン、リャン、ホァンの5人が同志として参加することになった。
家にはボディーガードが常駐し、外出は必ず運転手付きの車で行うという用心深いイーには付け入る隙はないように思われたが、色男として知られる彼は、何人も愛人を囲んでいるらしい。そこでワンは自らスパイになり、「マイ夫人」と名乗り、イーに接近することを志願した。気を惹いて外におびき出した彼を仲間が銃で暗殺する、という一か八かの賭けであった...。

原題/LUST, CAUTION
製作/2007年
公開/2008年 アメリカ・中国・台湾・香港映画 158分

監督/アン・リー
原作/アイリーン・チャン『ラスト、コーション』
脚色/ワン・フィリン
   ジェイムズ・シェイマス

出演/トニー・レオン
    :イー/日本軍特務機関員
   タン・ウェイ
    :ワン・チアチー「マイ夫人」/
              レジスタンス・女スパイ
   ワン・リーホン
    :クァン・ユイミン/レジスタンス
   ジョアン・チェン
    :(イーの妻)
   トゥオ・ツォンファ
    :ウー/レジスタンス・ボス
   チョウ・チーイン
    :ライ・シュウチン/レジスタンス
   チェン・ガーロウ
    :ツァオ/レジスタンス
   クー・ユールン
    :リャン・ルンション/レジスタンス
   ガァオ・インシュアン
    :ホァン・レイ/レジスタンス
   ジョンソン・イェン
    :オウヤン・リンウェン「マイ」/レジスタンス

映画チラシ・上映中パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック