映画「劒岳/点の記」チラシ2

延べ300日以上を費やし、今も最難関といわれる剣岳、そして立山連峰でのロケーション撮影を敢行。四季折々の美しくも厳しい自然、そこに挑む人間の慎ましきたたずまいをフィルムに収めた本作『劒岳/点の記』。
木村大作監督は、この作品に失われつつある日本人の持つべき魂の姿があると、思いを募らせ、50年の映画人生全てをかけて取り組みました。『八甲田山』『鉄道員(ぽっぽや)』など日本人の心と自然を撮り続けてきたキャメラマン・木村大作の、最初で最後、たった1本の監督作品です。

画像
画像
〈ストーリー〉
明治40年(1907)、古来その険しさから「針の山」といわれ、人を寄せ付けない未踏峰であった立山連峰の霊峰・剣岳に、不屈の闘志、献身の心、仲間の絆を信じて挑んだ男たちがいた...。
陸軍参謀本部に所属していた陸地測量部の柴崎芳太郎は、日本地図の最後の空白地点を埋めるため、最難関に挑む命令を受ける。しかし、立山随一の案内人・宇治長次郎らとともに入った山頂までの困難は想像を絶していた。そんな中、創立間もない日本山岳会による剣岳登頂の計画が飛び込んできた。
陸軍の威信にかけてもというプレッシャーの中、柴崎たちは、無事登頂を果たし、地図作りの任務を果たせるのか...。
公式サイト、http://www.tsurugidake.jp

製作/2009年
公開/2009年6月20日 日本映画

監督/木 村 大 作
原作/新 田 次 郎『劒岳 点の記』
脚本/仲 間   達

出演/浅 野 忠 信:柴崎芳太郎/
            陸軍参謀本部陸地測量部測量手
   香 川 照 之:宇治長次郎/案内人
   松 田 龍 平:生田  信/測夫
   宮 崎 あおい:柴崎葉津よ(芳太郎の妻)
   役 所 広 司:古田 盛作/
            元陸地測量部測量手
   仲 村 トオル:小島 烏水/
            日本山岳会会員
   小 澤 征 悦:玉井 要人/
            陸軍参謀本部大尉
   國 村   隼:矢口誠一郎/
            陸軍参謀本部中佐
   井 川 比佐志:佐伯 永丸
   夏八木   勳:行者

上映中パンフレット・チラシ販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック