映画「荒野のストレンジャー」パンフ

クリント・イーストウッドのプロダクションである「マルパソ・カンパニー」で、『恐怖のメロディ』についで、自分で監督し、主演した西部劇です。脚本は『フレンチ・コネクション』でアカデミー賞を受賞したアーネスト・タイデマンが、いわゆる善玉と悪玉のウエスタンではなく、新しい型のドラマとして書いたもの。主人公の性格なども時がたつにつれてハッキリしてきます。実はそのガンマンは、名もない亡霊なのです。

画像
〈ストーリー〉
高原の町ラーゴに1人の「流れ者」がやって来た。床屋に入ってヒゲをそっていると、3人の男達がからんできたが、一瞬のうちに拳銃で倒した。居合わせた小人のモーデカイは声もなくただ見つめるだけだった。モーデカイは男に名前を聞いたが、男は答えようともしなかった...。
床屋から出た男の目に、向こうからやって来るカリー・トラバースの姿が見えた。男はカリーをむりやり納屋につれこむと、いやがる彼女を犯してしまった。ホテルに入った男は、部屋をとるやいなやベッドに倒れ込んで眠った。そして夢を見た。それは何度も見る悪夢だった。連邦保安官がムチで打たれ、町人に助けを求めながら死ぬ夢だ。
翌朝、男はホテルの主人・ルイスに、しばらく町にいると告げた。ルイスの妻・サラは、この男をどこかで見たような気がした。男が風呂に入っていると、カリーがやって来て入浴中の男に拳銃をあびせた。男は浴槽に潜った。そしてかけつけた保安官にカリーはとり押さえられるが、男は何事もなかったかのように葉巻をくわえたまま顔を出した。男には弾がぜんぜん当たらなかった...。
そんな頃、この町に恨みを持つ3人が、刑期を終えてラーゴに向かっていた。ステイシー、コール、ダンの3人はかつてラーゴ鉱山会社の用心棒だった。この3人が連邦保安官をムチで打って殺したのだ。町人全員がこれを見ていたが見殺しにしてしまう。その後、3人は次第に勝手なまねをするようになり、金庫から金塊を持ち出すようになったため、刑務所に追い払ったのだ。
ラーゴの町人はこの3人が町に向かっていることを知って、流れ者の男に用心棒をしてくれないかと頼むのだ...。

原題/HIGH PLAINS DRIFTER
製作/1972年
公開/1973年 アメリカ映画  105分

監督/クリント・イーストウッド
脚本/アーネスト・タイデマン

出演/クリント・イーストウッド
    :ジム・ダンカンの亡霊
   ベナム・ブレーム
    :セアラ(ベルディングの妻)
   ビリー・カーティス
    :モーデカイ/床屋使用人
   ミッチェル・ライアン
    :ドレーク/ラーゴ鉱山会社社長
   ジェフリー・ルイス
    :ステーシー・ブリッジス/悪党
   テッド・ハートレイ
    :ベルディング/ホテル主人

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック