映画「ザ・マジックアワー」パンフ

舞台は「港町・守加護〈すかご〉」。知らないうちに「伝説の殺し屋」となってしまった村田大樹。映画の撮影だと思い込んでいる彼にとって、その街で起こることは、すべて映画の中の出来事と信じていた。ゴム製の拳銃片手に、本物のギャングたちと渡り合うことになる村田。誤解が誤解を呼び、やがて事態は誰も予想しなかった方向へ進んでいく...。

画像
画像
〈ストーリー〉
街を牛耳るボスの愛人・マリに手を出してしまった手下の備後は、命を助けてもらう代償に、伝説の殺し屋「デラ富樫〈とがし〉」を探し出すことを約束する。だが期日が迫っても、デラは見つからない。窮地に陥った備後が取った苦肉の策とは、無名の俳優を雇い、殺し屋に仕立てあげることだった。こうして三流役者の村田大樹は、二つの組織がしのぎを削るその港町・守加護へやって来る。すべてを映画の撮影と思い込み、幻の殺し屋「デラ富樫」になりきって...。

英題/THE MAGIC HOUR
製作/2008年
公開/2008年 日本映画 136分

監督・脚本/三 谷 幸 喜

出演/佐 藤 浩 市
    :村田大樹(だまされる男)三流役者
   妻夫木   聡
    :備後 登(だます男)クラブ「赤い靴」支配人
   深 津 絵 里
    :高千穂マリ(惑わす女)ギャング・ボスの愛人
   綾 瀬 はるか
    :鹿間夏子(尽くす女)クラブ「赤い靴」従業員
   西 田 敏 行
    :天塩幸之助(牛耳る男)ギャング・ボス

映画チラシ・上映中パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック