映画「必殺! 三味線屋・勇次」パンフ

人気時代劇「必殺」シリーズ第7作。前作で絶命した中村主水に代わって主人公となるのは、中条きよし演じる三味線屋の勇次。藤田まことは上方から江戸に流れて来たかつての仕事人の元締、伝兵衛という役どころで出演しています。回春効果のある媚薬、回春丸をめぐって陰謀を張り巡らす大店と役人に、すべてを知った勇次とその仲間たちが立ち向かう。

画像
〈ストーリー〉
表の顔は髪結いだが、裏では勇次とコンビを組んでいる仕事人・弥助は、町で偶然にも上方時代の仲間に会って昔を懐かしむが、元締だったその男、伝兵衛は、今では大道芸人に身を隠し、流浪の身だった。「お互いに気をつけて暮らそうや」そう言い合って別れる二人。その夜、弥助は、仕事を仕掛けるが、すんでのところで浪人風の男に先をこされてしまう。その男、内田平内もまた、一匹狼の仕事人だった。巷では、回春効果のある媚薬・回春丸が売れに売れていた。独占販売する薬種商・富貴屋は笑いが止まらないが、実のところは、在庫が底をついている状態だった。回春丸の処方箋を知っているのは、同業の上総屋ただひとり。彼は、副作用の強いこの薬で死人が出たことを知り出奔するが、富貴屋に囚われてしまっていた。その間にも薬害で倒れる人々が続出するのだ...。

製作/1999年
公開/1999年 日本映画 101分

監督/石 原   興
脚本/野 上 龍 雄

出演/中 条 きよし:勇次/三味線屋・仕事人
   藤 田 まこと:伝兵衛/大道芸人
   天 海 祐 希:おとよ/薬種商「上総屋」娘
   阿 部   寛:弥助/髪結い・仕事人
   名 取 裕 子:お喜和/小唄師匠・窃盗集団元締
   清 水 健太郎:内田平内/浪人・仕事人
   中 尾   彬:藤兵衛/薬種商「富貴屋」主人
   石 橋 蓮 司:坂巻重次郎/火付け盗賊改
   研   ナオコ:おせき/呉服商「叶屋」女房

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック