映画「ボーン・スプレマシー」チラシ

大ヒットした『ボーン・アイデンティティー』から2年、あのジェイソン・ボーンが帰って来た。原作はロバート・ラドラムの大ベストセラー小説、ジェイソン・ボーン3部作の2作目「殺戮のオデッセイ」の映画化。脚本は再びトニー・ギルロイで、前作同様、冷戦時代を舞台にした原作を現代的に大胆にアレンジしています。

画像
画像
〈ストーリー〉
記憶を喪失したCIAのトップ・エージェント、ジェイソン・ボーン。連絡を断ったことからCIAに命を狙われる身となってしまった彼は、体で覚えた戦闘術と抜群の知力を駆使して追っ手をかわし、自分の正体を突き止めていった。あれから2年...。
ボーンは過去を捨て、行動をともにする中で愛を育んだマリー・クルーツとインドのゴアでひっそりと暮らしていた。しかし、突然現れた殺し屋に襲われ、彼女は命を奪われてしまう。また孤独になってしまったボーン。彼は全ての真実を知るため、また立ち上がる...。

原題/THE BOURNE SUPREMACY
製作/2004年
公開/2005年 アメリカ映画 108分

監督/ポール・グリーングラス
原作/ロバート・ラドラム『殺戮のオデッセイ』
脚色/トニー・ギルロイ

出演/マット・デイモン
    :ジェイソン・ボーン/(CIA)元エージェント
   フランカ・ポテンテ
    :マリー・クルーツ(ジェイソンの恋人)
   ブライアン・コックス
    :ウォード・アポット/(CIA)本部担当部門長
   ジョアン・アレン
    :パメラ・ランディ/(CIA)本部女性担当部門長
   ジュリア・スタイルズ
    :ニッキー/(CIA)連絡係
   カール・アーバン
    :キリル/暗殺者
   ガブリエル・マン
    :ダニー/(CIA)本部諜報部員

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック