映画「MW -ムウ-」チラシ

「MW-ムウ-」という名の闇が生み落とした光と影。善と悪。そして生と死...。運命に翻弄された2人の壮絶なる戦いが、今始まる...。
日本映画史を塗り替えるサスペンス・エンタテインメント超大作。日本が誇る漫画界の神・手塚治虫の「禁断の傑作」との呼び声が高い「MW-ムウ-」。これまでも何度となくクリエーターたちがその実写化を試みたが挫折してきた本作が、手塚治虫生誕80周年を機に圧倒的映像迫力と、緊張感溢れるアクション、そして最高のキャステングで映像化されたのだ...。

『MWとは?』
この記号のようなタイトルについては、「Man & Woman」もしくは、「Mad Weapon(マッド・ウエポン)」の頭文字であるという説や、上下を逆にしても同じ文字となることから、「価値観は常に反転する可能性がある」という皮肉が込められている、といった解釈など、諸説ある。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
16年前、沖之真船島の島民全員が一夜にして消えた。その事実は闇に葬られ、島に関するすべての記録が抹消されたが、その島で2人の少年だけが生き残っていた。やがて2人の一方は神父となり、もう一方は美しきモンスターへと成長した...。
賀来〈がらい〉裕太郎は神父となり、迷える人々を救済しながら生きていた。自らの受難の記憶をも克服しようともがきながら...。
一方、結城美智雄は、島を滅ぼした事件の謎を追い続け、背後に蠢く巨悪と対峙するため、闇へと堕ちた...。エリート外資銀行員は表の顔。彼はその天才的な頭脳と、恵まれた美貌、危うい魅力で人々を翻弄し、自らの運命を狂わせた惨劇への報復のため、そこに関係した者たちへの制裁を冷徹に重ねていた。
結城の凶行を、懸命に阻止しようとする賀来。しかし、結城の暴走は加速するばかり。やがて、島に関する真実を追う新聞記者の手帳に書き記されていた、事件の謎を解く鍵となる「MW」という記号に至った時、結城の最後の復讐劇の幕は切って落とされた。
果たして「MW」とは何なのか?事件の真相、結城の目的の真実とは...。
公式サイト、http://mw.gyao.jp

製作/2009年
公開/2009年7月4日 日本映画 129分

監督/岩 本 仁 志
原作/手 塚 治 虫『MW』
脚本/大 石 哲 也
   木 村 春 夫

出演/玉 木   宏:結城美智雄/エリート銀行員
   山 田 孝 之:賀来〈がらい〉裕太郎/神父
   石 田 ゆり子:牧野 京子/新聞記者
   石 橋   凌:沢木 和之/警視庁刑事

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック