映画「HACHI 約束の犬」チラシ

1920年代、日本に実在した秋田犬「ハチ公」。東京・渋谷駅前の銅像で、待ち合わせの場所でも有名なこの犬の物語。日本でも1987年に仲代達矢主演の『ハチ公物語』として映画化され、感動の涙で大ヒットしました。その物語のハリウッド版リメイクです。
アメリカ版でも、大学教授・パーカーとハチのピュアな絆、そして見返りを求めない無償の愛と信頼がテーマとなっています。主演のリチャード・ギア自信も愛犬家なので、この物語に感動し、製作も担当しています。
実際の撮影では子犬のときは「秋田犬」は、多感で神経質なため、「柴犬」が使われました。そして成犬になってからは、3匹の「秋田犬」が演技したそうです。

画像
画像
〈ストーリー〉
アメリカ東海岸郊外のベッドリッジ駅。寒い冬の夜、迷い犬になった秋田犬の子犬を偶然保護したパーカー・ウィルソン教授は、妻の反対を押し切り、その子犬を飼うことにする。首輪についていたタグに「八」と刻まれていたので、子犬は「ハチ」と名付けられるのだ。
ハチはパーカーのあふれるような愛情を受けてすくすくと成長していく。そしていつからか、夕方5時になると、駅前で帰宅するパーカーを出迎えるのが日課となっていく。1人と1匹の間に育まれた深い愛情と信頼は、永遠に続いていくと思われたが、パーカーは病に倒れてしまうのだ。でも、ハチはずっと、主人・パーカーを駅で待ち続ける...。
公式サイト、http://www.hachi-movie.jp

原題/HACHIKO: A DOD'S STORY
製作/2009年
公開/2009年8月8日 アメリカ映画

監督/ラッセ・ハルストレム
脚本/ステォーヴン・P・リンゼイ

出演/リチャード・ギア(吹替:北大路欣也)
    :パーカー・ウィルソン/大学教授
   ジョーン・アレン(吹替:真矢みき)
    :ケイト・ウィルソン(パーカーの妻)
   サラ・ローマー
    :アンディ・ウィルソン(パーカーの娘)
   ケイリー=ヒロユキ・タガワ
    :ケン
   ジェイソン・アレクサンダー
    :カール
   エリック・アヴァリ
    :シャビール
   ダヴェニア・マクファデン
    :メアリー・アン

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック