映画「鈍獣〈どんじゅう〉」チラシ

本作は愛すべきダメダメ男たちが繰り広げるハードでハートフルな、ハート?ボイルド・ミステリー。
脚本は宮藤官九郎で、2004年演劇界に衝撃を与え、岸田國士戯曲賞を受賞した舞台「鈍獣」を、自ら映画用に脚本し直した作品です。そして監督は、数々の広告賞を受賞する映像クリエイター・細野ひで晃です。

画像
画像
〈ストーリー〉
すべてが相撲中心のおかしな田舎町「ときわ」。凸川〈でこがわ〉こと「凸やん」の担当編集者・静〈しずか〉は、失踪した作家・凸川を追ってそこにたどり着く。町のホストクラブ「スーパーヘビー」で待ち受けていたのは、凸やんの同級生で、ナンバーワンならぬオンリーワンのホスト「江田」と、インチキ警察官の「岡本」、江田の愛人でママの「順子」、そしてブリっこホステス「ノラ」という怪しすぎる面々だった。
実は数ヶ月前、江田と岡本は凸やんに再会していたが、そこで自分たちの25年前の忌まわしい過去を凸やんが小説にしていることを知る。それは絶対に知られてはいけない過去だった。それで2人は「凸やんを殺〈ホロ〉す!」と決心する。しかし2人の殺意に鈍~い凸やんは全く気付かずにいた。それどころか、殺しても殺しても決して死なないのだ。なぜ?...。そして物語は驚愕の結末へとなだれ込んでいく...。
公式サイト、http://donju.gyao.jp

製作/2009年
公開/2009年5月16日 日本映画 106分

監督/細 野 ひで晃
脚本/宮 藤 官九郎

出演/浅 野 忠 信:凸川〈でこがわ〉「凸やん」/作家
   北 村 一 輝:江田「江田っち」(凸川の同級生)
            ホストクラブ「スーパーヘビー」ホスト
   真 木 よう子:静〈しずか〉(凸川の担当編集者)
                 編集社編集員
   佐津川 愛 美:「ノラ」(凸川の愛人)
            「スーパーヘビー」ホステス
   南 野 陽 子:順子(江田の愛人)
            「スーパーヘビー」ママ
   ユースケ・サンタマリア:岡本(凸川の同級生)
                警察官

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック