映画「フリージア」チラシ

突出した個性が生み出す、比類なき化学反応。飛び散る鮮血、凍てついた涙。敵討ち執行人・ヒロシの運命の戦いが今、始まる...。
カルト的な人気を誇る松本次郎の「フリージア」を、『鬼畜大宴会』『アンテナ』熊切和嘉が大胆に脚色し、命のやりとりこそが絆となる「戦いのドラマ」を、リアルに追及したガンアクションでビジュアル化した作品。

『敵〈かたき〉討ち法』
治安が悪化した戦時下の日本において成立。一定のルール下で犯罪被害者遺族が、加害者に対して復讐できる法律。

画像
画像
〈ストーリー〉
謎めいた女にスカウトされ、敵討ち執行代理人となったヒロシ。表情ひとつ変えずに引き金を引き、淡々と任務をこなしていく彼の前に、15年前の幻が現れる。極秘の兵器実験。封印された感情。それらはヒロシを運命の決闘へと導いていく...。

英題/FREESIA
製作/2006年
公開/2007年2月3日 日本映画 103分

監督/熊 切 和 嘉
原作/松 本 次 郎『フリージア』
脚本/宇治田 隆 史

出演/玉 山 鉄 二
    :叶ヒロシ/敵討ち執行代理人
   西 島 秀 俊
    :トシオ(ヒロシの元上官)/整備工場作業員
   つ  ぐ  み
    :ヒグチ/「カツミ敵討ち執行代理人事務所」所員
   三 浦 誠 己
    :溝口(ヒロシの上司)/敵討ち執行代理人
   柄 本   佑
    :山田一郎(ヒロシの同僚)/敵討ち執行代理人
   坂 井 真 紀
    :ナツミ/ラーメン屋の妻
   竹原 ピストル
    :シバザキ/整備工場作業員
   鴻 上 尚 史
    :隅川栄一/ヤクザ
   嶋 田 久 作
    :岩鶴
   大 口 広 司
    :「幽霊」

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック