映画「KAIJI〈カイジ〉 人生逆転ゲーム」チラシ

自堕落な日々を送るフリーターのカイジ。特別な才能もなく、人生の目標もないどこにでもいるような「負け組」。しかも友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱えてしまう。そんなカイジの日常が、ある日突然、一変する...。
福本伸行による原作「カイジ」は1996年より「ヤングマガジン」で連載が始まり、過激な言動と巧みな心理描写で一躍人気を博した。その映画化で、「限定ジャンケン」「鉄骨渡り」「Eカード」など数々のゲームは刺激的でありながらも、奇想天外な魅力に溢れています。一見、非現実的ともとれる勝負を通して描かれるのは、「人生は逆転できる」という前向きで明るいテーマが込められています。

画像
画像
〈ストーリー〉
その日暮らしの生活を送っていたフリーターのカイジのもとにある日、遠藤と名乗る謎の美女が訪ねてきた。遠藤は悪徳金融会社の社長で、カイジに借金の取り立てにやってきたと言う。しかも、今やその借金は利息が積もりに積もって法外な金額に膨れ上がっていた。遠藤に誘われるままカイジは、「一夜にして借金を帳消しにできるあるゲーム」に参加するため、「エスポワール」という名の船に乗り込むことになる。
船内でカイジが目にしたものは、同じような借金を背負った「負け犬」たちの集団だった。「勝つことがすべて!勝たなきゃゴミ!勝ちもせず生きていることこそが論外!...」。この船を取仕切る帝愛グループの利根川と名乗る男が登場し、挑発とも取れる言葉を参加者たちに投げつける。
今宵のゲームは...ジャンケンだった。人の心理を巧みに利用したこのカードゲームに勝てば借金は帳消しになり、無事生還。負ければ命の尊厳も認められないような恐怖が待っているらしい。参加者がざわつく中、ついに「限定ジャンケン」の幕が開く。
しかし、カイジにとって、この「人生の逆転を賭けた究極のゲーム」はまだほんの序章にすぎなかった...。
公式サイト、http://kaiji-movie.jp

製作/2009年
公開/2009年10月10日 日本映画 132分

監督/佐 藤 東 弥
原作/福 本 伸 行『カイジ』
脚本/大 森 美 香

出演/藤 原 竜 也
    :伊藤カイジ/フリーター
   天 海 祐 希
    :遠藤 凛子/「遠藤金融」女社長
   香 川 照 之
    :利根川幸雄/「帝愛グループ」ナンバー2
   山 本 太 郎
    :船井 譲二/エスポワール参加者
   光 石   研
    :石田 光司/エスポワール参加者
   松山 ケンイチ
    :佐原  誠/青年
   松 尾 スズキ
    :大槻 太郎/地下強制労働施設E班班長
   佐 藤   慶
    :兵頭 和尊/「帝愛グループ」会長

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック