映画「ゼロの焦点」チラシ3

映画『ゼロの焦点』では、ケータイもなく科学捜査が未発達な時代。昭和32年の金沢を舞台に連続殺人事件が発生します。
今からみなさまに捜査資料を一部開示しますので、事件解決にご協力をお願いします。捜査資料の中には、不可解な事件を読み解くための重要なキーワードが隠されているかもしれません。
『鵜原憲一氏失踪事件』
12月1日、東京・上野発→金沢駅へ
7日、金沢出張所を出発。以後、行方不明。
★鵜原氏は第一東洋広告金沢出張所・営業部課長として2年間勤務後、同社東京本社営業部に勤務。仕事の引き継ぎのため12月1日、金沢に出張。出発の際、妻・禎子さんに8日帰京と告げる。
7日に金沢出張所を出立して以来、行方不明。
11日、妻・禎子さんが捜索のため上野駅から金沢へ。
★身元不明の投死体に関して
石川県羽咋郡志賀町笹波地内近郊の海中から、男性の不審死体が発見された。死因は頭部および全身骨折。落下の際に岩壁で強打したと見られる外傷あり。同地所呼称「ヤセの断崖」からの落下による死亡と推定。争った形跡が見られないため、投身自殺と推測される。
死亡した男性の推定年齢は30歳~40歳。身長180センチやせ形。
同所近辺にて失踪中の鵜原憲一氏に似た男性を目撃したという町民の証言あり。鵜原禎子夫人立ち会いのもと死体検分ならびに身元確認を行ったが、禎子夫人によると、死体は別人とのこと。

『第一の殺人、鶴来町旅館殺人事件』
石川県鶴来町の旅館の滞在客が変死体で発見された。身元については現在調査中。
検死の結果、死因は致死量の青酸カリ摂取によるものと断定。生前被害者が最後に摂取したと思われる飲料の残りから、同薬物が検出された。
警察では何者かが飲料に薬物を混入した疑いが強いとし、殺人事件と断定。

『第二の殺人、高ノ浦漁村殺人事件』
高ノ浦の漁村で、刺殺体が発見された。身元については現在調査中。犯行に使用された凶器は刃渡りの長い包丁。
凶器は被害者の背中から腹部を貫通して、柱に突き刺さったまま、殺害現場に残されていた。
死因は内蔵損傷と大量の失血によるものと断定。凶器から、指紋などは採取できず。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
結婚式から7日後。仕事の引き継ぎのため、以前の勤務地だった金沢に戻った夫・鵜原憲一は、そのまま帰ってこなかった。お見合い結婚だったため、夫の過去をほとんど知らない鵜原禎子は、彼が失踪した理由の見当もつかなかった...。
憲一を探しに北陸・金沢へと旅立った禎子は、憲一のかつての得意先・室田耐火煉瓦会社で、社長夫人の室田佐知子と受付嬢の田沼久子という、ふたりの女性に出会った。日本初の女性市長選出に向けて、支援活動に精を出す佐知子。教養がなく貧しい出身だが、社長のコネで入社した久子。決して交わるはずのなかった3人の女の運命が、事件がもとで複雑に絡み合ってゆく...。
一方、憲一の失踪と時を同じくして起こった連続殺人事件に、ある共通点が判明した。事件の被害者はすべて、憲一に関わりのある人物だったのだ。
夫の失踪の理由とは?
連続殺人事件の犯人は?
その目的は?
全ての謎が明らかになる時、衝撃の事実が禎子を待ち受けていた...。
公式サイト、http://zero-focus.jp

製作/2009年
公開/2009年11月14日 日本映画

監督・脚本/犬 童 一 心
原作/松 本 清 張『ゼロの焦点』
脚本/中 園 健 司

出演/広 末 涼 子
    :鵜原 禎子(憲一の妻)
   中 谷 美 紀
    :室田佐知子(儀作の妻)/社長夫人
   木 村 多 江
    :田沼 久子/「室田耐火煉瓦会社」受付嬢
   西 島 秀 俊
    :鵜原 憲一/「東洋第一広告・
               東京本社」営業部社員
   鹿 賀 丈 史
    :室田 儀作/「室田耐火煉瓦会社」社長
   杉 本 哲 太
    :鵜原宗太郎(憲一の兄)
   崎 本 大 海
    :鳴海  亨(室田佐知子の弟)/画家
   野間口   徹
    :本多 良雄/「東洋第一広告・
               金沢営業所」社員
   黒 田 福 美
    :上条 保子/女性市長候補者
   市 毛 良 枝
    :板根 絹江(鵜原禎子の母)
   本 田 博太郎

映画チラシ(10円~)・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック