映画「スノー・プリンス 禁じられた恋のメロディ」チラシ2

今年最後の涙を流す、日本で生まれた「フランダースの犬」。誰の心の中にもある、初めての恋の想い出に寄り添うような、感動的で美しい映画が生まれた。
昭和初期の北国の寒村。両親を亡くし、祖父・正吉と犬のチビと暮らす少年・草太。貧しさのため学校にも通えない草太は、村の大地主の少女・早代と周囲の反対をよそに、心を通わせていた...。
ある時、村にサーカス団がやってきた。草太は、不思議なピエロの青年・萩尾と出会い、彼を慕うようになっていた。草太の絵を見た萩尾は、「心の感じるままの、一番好きなものを描け」と励まし、一緒に美しい幻の「夜空色の絵の具」を一緒に探してくれた。しかし、そんな小さな幸せも長くは続かなかった。祖父が亡くなり、サーカス団も村を出ていき、ピエロの萩尾もいなくなってしまうのだ...。

画像
画像
〈ストーリー〉
現代の東京。クリスマス前夜。雪がちらつく中で、老婦人の有馬早代が買物から帰ると、家に古い原稿用紙の束が届いていた。孫娘の康子が、見知らぬ老紳士から預かったという。不思議な思いで中身を読み始める早代は、みるみるうちに表情が変わっていく。そこには早代しか知らないはずの、70年前の淡い恋の想い出が鮮明に綴られていたのだ...。

昭和11年、雪深い北国のある村。10歳の少年・原田草太は、両親を早くに亡くし、炭焼きを生業とする祖父・正吉を手伝いながら、細々と暮らしていた。貧しさのため小学校にも行けずにいたが、草太はさびしくはなかった。なぜなら、草太には秋田犬のチビと、聡明で愛らしい幼なじみの有馬早代がそばにいつもいてくれたからだ。
そして、彼は絵を描くのが好きだった。村の大地主で、商売も手広く行っていた早代の父は、2人が一緒に遊ぶことを禁じていたが、母のきよは素直でまっすぐな草太をかわいがり、早代を草太に会いに行かせてくれていた。早代は、絵を描く草太の横顔を見つめているのが好きだった...。
ある日、村にサーカス団がやってきた。草太は、不思議なピエロの青年と出会う。人間の心が読めるというそのピエロは、草太がいま一番ほしいものを当ててみせた。その日から草太は、ピエロを「僕の神様」と呼び、慕うようになっていく。ピエロの名は萩尾といい、絵描きになりたいという草太を励まし、一緒に美しい「夜空色」の絵の具になるという幻の土を探しに行ってくれた。
やがてサーカス団も村を離れ、ピエロの萩尾もいなくなってしまう。そして祖父の正吉もこの世を去ってしまうのだ。うちひしがれる草太だったが、チビと寄り添い、必死で絵を描き続けた。そしてクリスマスの夜、激しい吹雪の中、描き上げた絵を手にしてチビと一緒に早代に会いに行こうとするが...。
公式サイト、http://www.snowprince.jp

英題/SNOW PRINCE
製作/2009年
公開/2009年12月12日 日本映画

監督/松 岡 錠 司
脚本/小 山 薫 堂

出演/森 本 慎太郎(ジャニーズJr.)
    :原田草太(少年・10歳)
   桑 島 真里乃
    :有馬 早代(草太の幼なじみ)
   香 川 照 之
    :有馬 政光(早代の父)/大地主
   檀   れ い
    :有馬 きよ(早代の母)
   マ  イ  コ
    :長谷川康子(早代の孫娘・現代)
   山 本   學
    :「老紳士」
   浅 野 忠 信
    :萩尾/サカース団ピエロ
   中 村 嘉葎雄
    :原田 正吉(草太の祖父)
   岸   惠 子
    :有馬 早代(現代)

映画チラシ(10円~)・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック