映画「真木栗ノ穴」パンフ

古都・鎌倉、切通し。そこを過ぎたところに古いアパートがあった。
そのアパートで売れない小説家が頭を抱えていた。ただ彼は原稿に向かうだけの毎日だった。そんな彼に官能小説の執筆依頼が舞い込むが、書けるはずもなく時間だけが過ぎていく。そんな時、部屋の壁に小さな「穴」を見つける。そして穴の発見にあわせるように、白い日傘をさした女が隣に引っ越してきた。これが、夢とも現実ともつかない幻想の始まりとなった。彼は取り憑かれたようにその穴からのぞき見たことを小説に書き始め、いつのまにか女の虜になっていく...。

画像
画像
〈ストーリー〉
ひとりの男が、窓越しに頭をかきながら小説を書いていた。男の名は真木栗勉〈べん〉。ある夜、銭湯からアパートに帰った真木栗が見たのは、何者かに荒らされた部屋だった。意気消沈する真木栗だったが、部屋の西の壁に目をやると小さな「穴」があいていた。のぞきこんだ穴の向こうには、佐々木という男がいた。
翌朝、畳の上で目が覚めた真木栗は、昨日とは別の東の壁にまた「穴」を見つける。穴はふたつになっていた。新しい穴をのぞくと、人気はなく、ちゃぶ台が見えるだけだった...。

真木栗が行きつけのラーメン屋に行くと、週刊誌の編集者・森本飽夫とその部下、浅香成美がやってきた。森本は真木栗の貧乏暮らしを知ってか知らずか官能小説の執筆を依頼した。しかし、書けるはずもなく、時間だけが過ぎていった。
そんなある日、真木栗は、アパートを見上げている、白い日傘をさした美しい女性に目を奪われる。日傘の女は部屋を探していた。西の部屋に住む佐々木が女を連れ込んだ。のぞき見ると情事を繰り広げている。原稿用紙に向かう真木栗。「穴」からのぞき見たことは官能小説のネタになった。東側はまだ空き家だったが、のぞき見を続けているうちに、真木栗はその部屋に女が住むことを夢想するようになっていた...。

女は大きな邸宅にいた。夫と思われる男に引っ越し先を告げている。家の周りにはたくさんの報道陣がいた。それを避けるように出ていく女の姿があった...。

部屋にいた真木栗は宅配便の男から荷物を預かった。荷物の宛名には「水野佐緒里」という名前があった。その夜、物音に気付き穴から東の部屋をのぞくと女がいた。慌てて荷物を渡す真木栗。その女性は、あの日傘の女だった...。

机に向かう真木栗。この前来た宅配便の男が落としていったネームプレートを手に妄想を働かせ、ペンを走らせる。真木栗は宅配の男が水野佐緒里を襲う情景を書いていた。そしてふと、穴から女の部屋をのぞくと、宅配の男が部屋に入ってきた。そして真木栗がいま書いていたように、佐緒里を襲い始めたのだ。
真木栗が小説に書いたことが現実になっていた...。

だんだん妄想と現実の境が曖昧になっていく真木栗。頭痛におそわれ、目に見えて、やつれていくのだった。
ある日、真木栗は別の宅配便の男から、前任者が行方不明だと聞かされる。それも、真木栗が会った日以来だ。そして後日、前任の宅配の男が死んだという新聞記事を目にした...。

置き薬の売り込みにきた男・細見は、部屋を訪れては、何かと真木栗の世話を焼こうとした。真木栗は原稿を前にして、細見と佐緒里の情事を妄想し、執筆を始めた。そしていつものように穴をのぞくと、細見と佐緒里が抱き合っていた。
また、書いたことが現実になっている。急激に「女」と「穴」に取り憑かれ、小説を書く真木栗だった。

頭痛に悩まされた真木栗は、細見が置いていった薬がきれていることに気付き電話で注文すると、細見は自殺したと聞かされる...。

真木栗の書く官能小説は評判になっていた。編集者の浅香は、真木栗にそのことを伝えにきた。やつれていく真木栗を気にかける浅香だが、真木栗の小説が掲載された週刊誌をめくると、佐緒里の写真が目に入ってきた。佐緒里はIT長者の妻だったが、世間のバッシングに耐えきれず没落する夫と心中を計ったという記事だった。

あの女はもう死んでいる...。

製作/2007年
公開/2008年10月18日 日本映画 110分

監督・脚本/深 川 栄 洋
原作/山 本 亜紀子『穴』
脚本/小 沼 雄 一

出演/西 島 秀 俊
    :真木栗 勉〈べん〉/小説家
   粟 田   麗
    :水野佐緒里/IT長者の妻
   木 下 あゆ美
    :浅香 成美/週刊誌編集者助手
   キムラ 緑 子
    :沖本シズエ
   北 村 有起哉
    :佐々木譲二(真木栗の隣人)
   尾 上 寛 之
    :細見  貢/置き薬販売員
   田 中 哲 司
    :水野 貞男
   松 金 よね子
    :飯田 時子
   利 重   剛
    :森本 飽夫/週刊誌編集者

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック