映画「MW -ムウ-」パンフ

時代を越えて愛され続ける不朽の手塚治虫作品の数々は、独自の世界観や深みのあるドラマ、娯楽性、力強く訴えかけるメッセージがある。そしてそんな手塚コミックの中でも、圧倒的異彩を放つ「禁断の傑作」が本作「MW」なのだ。
かつて、ある島で起きた悲しくも恐ろしい事件。その事件によって「光」と「闇」を描き出したこの作品は、事件によって地獄を背負うことになったひとりの男が、犯罪に手を染めながら国家に立ち向かい、逆説的に正義、生きる事の尊さを問いただす。そのスケールの大きさはもとより、勧善懲悪の枠に収まりきれない、人間の根源的な悪を問うというテーマの衝撃性ゆえに、映像化不可能とまで言われてきた。しかし、手塚治虫生誕80周年を機に、圧倒的映像迫力と緊張感溢れる多彩なアクション、そしてキャスティングによって、日本映画史に残るサスペンス・エンタテインメント超大作としてスクリーンに登場したのです。

画像
画像
〈ストーリー〉
16年前、沖之真船島〈おきのまふねじま〉で、島民600人の命が奪われた。多くの者が毒ガスで一瞬にして死亡し、生き残った者たちも虐殺されたのだ。この事件は闇に葬られたが、奇跡的に生き延びた2人の少年がいた。この世の地獄を目の当たりにした2人は強い絆で結ばれ、やがて成人になった。そのひとり結城美智雄は、神を恐れぬ美しきモンスターとなり、もうひとりの賀来〈がらい〉裕太郎は、神に救いを求める神父となった...。

容姿端麗、頭脳明晰な結城は、外資系の「L.A新世紀銀行」に勤務する。一分の隙もないエリート行員の顔で周囲を欺き、独自に調べ上げた16年前の事件の関係者たちに復讐を開始した。一方、今も悪夢にうなされながらも献身と祈りの日々を送る賀来は、そんな結城に心を痛め、しかし求められれば手を貸してしまう自分に悩み、葛藤に苦しんでいた。
結城は新たに大手ゼネコン役員の岡崎俊一の娘をタイ・バンコクで誘拐した。彼は変装し、東京の賀来を使って捜査を撹乱し、大胆かつ巧妙な手口で身代金1億円を奪った後、岡崎親子を殺害する。現地入りした警視庁の沢木警部補は、身代金を用意した銀行の担当者として現れた結城に疑いの目を向けるのだ...。

結城の次なるターゲットは自分の銀行の上司、山下孝志だった。総裁選出馬を目指す望月外務大臣の秘書、松尾から1億円の献金を要求され途方に暮れる山下に、結城はすかさず耳打ちする。死んだ岡崎の隠し口座に1億円余りの金がある、と。その話を山下は信じ、自分の口座に資金移動させる。
一方、「東京中央新聞」の記者・牧野京子は、ライバルの三田の横やりにもめげず、後輩の溝畑の協力を得て岡崎事件を追い続け、先月起きた「荒木バラバラ殺人事件」との共通点を発見する。岡崎と荒木は共に沖之真船島出身で、望月議員の後援会員、しかも16年前にそれぞれ破格の転職をしていたのだ...。

沢木警部補の執拗な監視にも動じない結城だが、16年前の毒ガスの後遺症で激しい発作に襲われ、賀来に助けを求める。自分の命が間もないことを知っている結城は、これ以上の犯罪を止めさせようとする賀来の説得にも耳を貸そうとしない。思いあまった賀来は、眠る結城をナイフで殺そうとするが果たせず、やむなく警察に通報し、沢木の部下の橘と会う約束をする。だが、橘は先回りした結城の毒牙にかかり、賀来の目の前で無残な死を遂げるのだ...。

山下の横領をねつ造しておいた結城は、翌日、予定どおり山下を拉致した。そしてMW〈ムウ〉の在り処を問いつめる。MWとは、16年前に沖之真船島で米軍の研究所から漏出し、島民を全滅させた神経ガスの名前だった。事件の隠ぺい工作を担当したのは、当時、外務次官だった望月で、それに加担して利益を得たのが荒木、岡崎、山下だったのだ...。

製作/2009年
公開/2009年7月4日 日本映画 129分

監督/岩 本 仁 志
原作/手 塚 治 虫『MW』
脚本/大 石 哲 也
   木 村 春 夫

出演/玉 木   宏
    :結城美智雄/「L.A新世紀銀行」東京本社行員
   山 田 孝 之
    :賀来〈がらい〉裕太郎/神父
   石 田 ゆり子
    :牧野 京子/「東京中央新聞」記者
   石 橋   凌
    :沢木 和之/警視庁捜査一課刑事・警部補
   山 本 裕 典
    :溝畑/「東京中央新聞」記者
   山 下 リ オ
    :美香/教会孤児院世話係
   鶴 見 辰 吾
    :松尾(望月の秘書)
   風 間 トオル
    :三田/「東京中央新聞」記者
   中 村 育 二
    :岡崎 俊一/「竹菱建設」役員
   半 海 一 晃
    :山下 孝志(結城の上司)/
           「L.A新世紀銀行」東京本社行員
   品 川   徹
    :望月 靖男/外務大臣
   林   泰 文
    :橘  誠治/警視庁捜査一課刑事
   デヴィッド・スターズィック
    :リチャーズ/米軍東京基地責任者・司令官

映画チラシ・新作パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック