映画「グリーン・ゾーン」チラシ

生身のアクションと臨場感溢れる演出にこだわり抜き、アクション本来の研ぎすまされたダイナミズムを追求したポール・グリーングラス監督とマット・デイモン。『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルテイメイタム』以来の揺るぎない信頼感で結ばれた彼らが、3度目のコラボレーションで放つ最新作『グリーン・ゾーン』がいよいよ日本に上陸する。
「グリーン・ゾーン」...そこは死と隣り合わせの危険地帯(レッド・ゾーン)に囲まれた安全地帯。そこで飛び交う偽情報。「真実」は一体どこに...?

画像
画像
〈ストーリー〉
死と隣り合わせの危険地帯に囲まれた、一触即発の通称「グリーン・ゾーン(安全地帯)」。アメリカ陸軍MET隊隊長のロイ・ミラーと彼の部隊は、砂漠地帯に隠された大量破壊兵器の所在を追う極秘任務に就くが、国防総省のバウンドストーンの手によって、肝心な所で手掛かりを奪われてしまう。バウンドストーンの動きを不審に思ったミラーは、同じ疑念を持っていたCIAのマーティ・ブラウンと共闘し、部隊を離れ単独で調査を開始する。飛び交う偽情報と激しい銃弾戦をすり抜け、バウンドストーンに情報を提供している正体不明の大物キーマン「マゼラン」を追うミラー。果たして、大量破壊兵器の行方は?そして、執拗な妨害工作を仕掛けるバウンドストーンの思惑とは?
謎の核心に迫った彼が探り当てたのは、世界中に激震が走る程の衝撃的な「真実」だった...。

公式サイト、http://green-zone.jp

原題/GREEN ZONE
製作/2009年
公開/2010年5月14日 アメリカ映画 114分

監督/ポール・グリーングラス
原案/ラジブ・チャンドラセカラン
   『インペリアル・ライフ・
        イン・ザ・エメラルド・シティ』
脚本/ブライアン・ヘルグランド

出演/マット・デイモン
    :ロイ・ミラー/アメリカ陸軍MET隊隊長・
                      上級准尉
   グレッグ・キニア
    :クラーク・バウンドストーン/
             国防総省情報局エージェント
   ブレンダン・グリーソン
    :マーティ・ブラウン/
           アメリカ中央情報局(CIA)局員
   エイミー・ライアン
    :ローリー・デイン/「ウォール・ストリート・
                  ジャーナル」記者
   ジェイソン・アンザックス
    :ブリッグス/アメリカ陸軍・少佐

映画チラシ・新作パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック