映画「春との旅」チラシ

人は春を待ち、春を越え生きています。
また、人は人に寄り添って生きていかなければ生きられないのです...。
今、ぜひ皆さんにお話ししたい物語があります。それは或る老人とのその孫娘の物語です。その老人は、若い頃、北の海で漁師をして生きてきた無骨な男でした。今は妻を失い、財産もなく、体を壊して孫娘の世話を受けています。その孫娘の母親は自死して、もうこの世には居ません。老人の名は「忠男」、孫娘の名は「春」といいます...。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
春は北海道北西部の港町「増毛〈ましけ〉」で小学校の給食係として健気に働いていましたが、学校は廃校になり職を失ってしまいました。思い悩んだ末、東京に出て仕事を探そうと思いましたが、身体の不自由な祖父・忠男を置いては行けません。忠男も将来のある若い春をいつまでも束縛するわけにはいきません。そこで忠男は、疎遠となっていた姉兄弟たちに今後の世話を頼もうと考えます...。

寂れた海辺の家をあとに、忠男と春は旅に出まいした。彼らに落ち着く安らぎの場所はあるのでしょうか。宮城県気仙沼に豪邸を構えながらも老齢な兄夫婦、宮城・鳴子温泉で旅館を女手ひとつで切り盛りする姉、仙台で不動産業に行き詰まった弟夫婦などを巡り歩く老人と孫娘の二人旅。それは忠男にとって、否応なく過去の事実や感情と向き合わざるを得ず、春もまた祖父の肉親との葛藤をまざまざと見、そこから目を背けるわけには行きませんでした...。

公式サイト、http://haru-tabi.com

製作/2010年
公開/2010年5月22日 日本映画 134分

監督・原作・脚本/小 林 政 広『春との旅』

出演/仲 代 達 矢:中井忠男/元漁師
   徳 永 え り:中井 春(忠男の孫)
   大 滝 秀 治:金本重男(中井忠男の兄)
   菅 井 き ん:金本恵子(重男の妻)
   小 林   薫:木下/漁師
   田 中 裕 子:清水愛子(弟・行男の内縁の妻)
   淡 島 千 景:市山茂子(中井忠男の姉)
   柄 本   明:中井道男(忠男の弟)
   美 保   純:中井明子(道男の妻)
   戸 田 菜 穂:津田伸子(真一の後妻)
   香 川 照 之:津田真一(中井春の父)

映画チラシ・新作パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック