映画「春との旅」チラシ2

人は人に寄り添って生きていく。良いときも、悪いときも...。
春は北海道の港町「増毛〈ましけ〉」で小学校の給食係として健気に働いていました。しかし学校は廃校になり職を失ってしまいました。思い悩んだ末、東京に出て仕事を探そうと思いましたが、身体の不自由な祖父・忠男を置いては行けません。忠男も将来のある若い春をいつまでも束縛するわけにもいきません。そこで忠男は、疎遠となっていた姉兄弟たちに今後の世話を頼もうと考えたのですが...。

画像
画像
〈ストーリー〉
ある日、突然、ひとりの老人が家を捨てた。孫娘の春が後を追った...。
旅の始まりは、かつてニシン漁に湧き、今ではその面影もない北海道北西部の港町「増毛〈ましけ〉」。そこのあばら家で、老漁師の忠男と孫娘・春は、ささやかな二人暮らしを続けていた。春は地元の小学校で給食係として働いていましたが、廃校となって失職した。思い悩んだ末、東京に出て仕事を探そうと思ったが、足の不自由な祖父・忠男を見捨てるわけにはいかなかった。
一方、忠男も将来のある若い春をいつまでも束縛するわけにはいきません。そこで二人は、忠男の老いた身の世話を頼むべく、疎遠となった姉兄弟たちを訪ねる旅にでたのです...。

北海道の増毛から東北・宮城へ向かい、気仙沼、鳴子温泉、そして仙台と親類縁者の元を訪ねるのです。気仙沼で豪邸を構えながらも老齢な兄夫婦、鳴子温泉で旅館を女手ひとつで切り盛りする姉、仙台で不動産業に行き詰まった弟夫婦など、巡り歩く老人と孫娘の二人旅。しかし行き先々、それぞれの家庭の事情で皆、忠男の世話どころではないのが本音でした。そんな祖父・忠男と肉親たちの葛藤を目の当たりにした春は、長く離別していた父親を思い出し、忠男と共に父の住む北海道・静内へ向かったのです...。

公式サイト、http://haru-tabi.com

製作/2010年
公開/2010年5月22日 日本映画 134分

監督・原作・脚本/小 林 政 広『春との旅』

出演/仲 代 達 矢:中井忠男/元漁師
   徳 永 え り:中井 春(忠男の孫)
   大 滝 秀 治:金本重男(中井忠男の兄)
   菅 井 き ん:金本恵子(重男の妻)
   小 林   薫:木下/漁師
   田 中 裕 子:清水愛子(弟・行男の内縁の妻)
   淡 島 千 景:市山茂子(中井忠男の姉)
   柄 本   明:中井道男(忠男の弟)
   美 保   純:中井明子(道男の妻)
   戸 田 菜 穂:津田伸子(真一の後妻)
   香 川 照 之:津田真一(中井春の父)

映画チラシ・新作パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック