映画「告白」チラシ

2009年本屋大賞に輝き、上半期単行本フィクション部門第1位を記録したベストセラー「告白」。「生徒に娘を殺された」という女教師の告白から始まり、殺人事件に関わった登場人物たちの独白形式で構成される物語は、虚実入り混じり、驚愕・戦慄・唖然の連続。そのショッキングすぎる内容で話題騒然の衝撃作の映画化です。
主人公・森口悠子を演じるのは、今最も注目を集めている女優・松たか子。中島哲也監督から「この役は松たか子しか考えられない」との熱烈なラブコールをうけて、生徒に3歳の娘を殺される女教師という難役を演じています。また、熱血すぎてウザい新人教師役に岡田将生、殺人犯の過保護すぎる母親役に木村佳乃、そして全国1,000人以上のオーデションで選ばれた37人の13歳の生徒たちが出演しています。

画像
画像
〈ストーリー〉
とある中学校、雑然とした教室。
終業式後のホームルーム。
1年B組、37人の13歳。
教壇に立つ担任・森口悠子が語りだした。

「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです...。」

一瞬、静寂に包まれる教室。
このまま終わりにはできない。
物語は、「告白」から始まる...。

公式サイト、http://kouhaku-shimasu.jp

製作/2010年
公開/2010年6月5日 日本映画 101分

監督・脚本/中 島 哲 也
原作/湊   かなえ『告白』

出演/松   たか子:森口悠子/中学校女教師
   岡 田 将 生:ウェルテル/中学校教師
   木 村 佳 乃:(犯人Bの母)

映画チラシ・新作パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ■映画『告白』

    Excerpt: 久しぶりに、映画を観て息詰まるような感覚を覚えました。 中島哲也監督の最新作である映画『告白』は、今までとは打って変わった演出手法で、観る者に衝撃を与えます。 主演の松たか子の演技も、凄まじいの一.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2010-06-05 02:54