映画「半次郎 HANJIRO」チラシ

たとえ負けると分かっていても、男にはやらなきゃならないものがある。男たちの命を懸けた戦いを描いた究極の戦争エンターテインメント映画。
本作は主人公の榎木孝明自身の企画であり、実現までに13年を要したことからも、薩摩出身の榎木の思い入れの強さを伺える作品です。
「命と引き換えてでも守るものがあった時代」...それは何も武士だけの心得ではない。女も命懸けで男を愛し、そして守った。
明日をも知れぬ世界に生きているからこそ、純粋で一途な愛。主人公「半次郎」には今の時代が忘れかけている一番大切な「人の心」...「志」がある...。

画像
画像
〈ストーリー〉
幕末の動乱期、京都に新撰組さえ恐れる若き薩摩の「サムライ」がいた。彼の名は中村半次郎、後の名は桐野利秋。
学はないが、人並み外れた度胸の良さと剣の腕で西郷から重用され、ひたむきでおおらかな人柄が志士たちに慕われていた。脱藩覚悟で公家の暗殺を目論んでいた薩摩の永山弥一郎や、敵であったが理解のある長州の鮎川小次郎と肝胆相照らす仲となった。京都の煙管屋の娘・村田さとと運命的な出会いを遂げたのも、この頃だった。
薩長連合が朝廷を味方につけ官軍となり、幕府との間で戊辰戦争が起こった。半次郎は永山らと共に数々の武勲をたて、明治新政府の陸軍少将まで上りつめる。だが、命を懸けて作ったはずの明治政府は、あまりにも理想とは違っていた。新政府の元勲たちの腐敗ぶりは目を覆うばかりで、憤慨した半次郎は征韓論で大久保との権力闘争に敗れた西郷と共に、故郷・薩摩へと下野するのだった...。

公式サイト、http://www.hanjiro-movie.com

製作/2010年
公開/2010年10月9日 日本映画 121分

監督/五十嵐   匠
脚本/丸 内 敏 治
   西 田 直 子

出演/榎 木 孝 明:中村半次郎「桐野利秋」
   AKIRA(EXILE):永山弥一郎
   白 石 美 帆:村田さと(半次郎の恋人)
   津 田 寛 治
   坂 上   忍
   雛 形 あき子
   葛 山 信 吾
   竜   雷 太

映画チラシ・新作パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック