映画「おにいちゃんのハナビ」チラシ

1年に1度、花火に想いを託す雪国の小さな町。そこに生きた少女と、彼女のために花火を打ち上げた兄との、真実から生まれた物語。
2005年の秋に放映されたTVドキュメンタリーがすべての始まりだった。新潟県中越地震の1年後を見つめるそのドキュメンタリーは、新潟県小千谷市片貝町の片貝まつりが軸となっていた。400年の伝統と世界一の四尺玉花火を誇る片貝まつりは、町民が子供の誕生や成人、還暦などを祝して、神社に奉納する形で花火を打ち上げるというもの。そこで紹介されたあるエピソードに、国本雅広監督は心打たれ、ぜひ映画にしようと決意します。それは、成人を迎える兄が、亡き妹のため、1年をかけて準備し、片貝まつりで花火を打ち上げるという話でした...。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
新潟の片貝まつりで花火を打ち上げられる9月9日。高校生の華が半年の入院生活を終えて自宅に戻ると、兄の太郎がひきこもりになっていた。頭が良くて自慢の兄は、今や妹にさえ背を向けて、2階の自室に閉じこもるようになっていたのだ。両親は見守っていただけだったが、華は昔の兄を取り戻そうと、乱暴なまでの勢いで兄を外へと連れ出そうとする。
一緒に街に買い物に出かけ、アルバイトを見つけ、ついには片貝まつりの成人会に兄を参加させようと集会所にのりこむ華。そんな妹の後押しに勇気づけられた太郎は、新聞配達として働き始め、成人会にも一人で出かけるようになり、次第に心を開いてゆく。しかし、冬も近づいたそんなある日、華が入院してしまう。白血病が再発したのだ。毎日面会に通ううちに、太郎は華にとって花火が幸せの象徴であることを知り、自らある行動を起こすことを決意する...。

公式サイト、http://hanabi-ani.jp/

製作/2010年
公開/2010年9月25日 日本映画 119分

監督/国 本 雅 広
脚本/西 田 征 史

出演/高 良 健 吾:須藤 太郎(華の兄)
   谷 村 美 月:須藤  華/女子高校生
   宮 崎 美 子:須藤登茂子(太郎、華の母)
   大 杉   漣:須藤 邦昌(太郎、華の父)
   早     織:岡崎 佳代
   尾 上 寛 之:小林アツシ
   岡 本   玲:手島カスミ
   佐 藤 隆 太:有馬/高校教諭
   佐々木 蔵之介:関山(華の担当医)/医師
   塩 見 三 省:久保/花火工場長

映画チラシ・新作パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック