映画「死刑台のエレベーター」チラシ

愛のための完全犯罪。それは15分で終わるはずだった。もう後戻りできない2人に待ち受ける、衝撃の愛の結末とは...?
オリジナル作品は、ヌーヴェルヴァーグの鬼才ルイ・マル監督の鮮烈なデビュー作にして最高傑作といわれる『死刑台のエレベーター』。今回のリメイク化にあたって、プロデューサー、監督を含め、製作スタッフはオリジナル作品に最大の敬意を払う立場で臨んだ。映画のストーリー、エッセンスをできるだけ生かし、最高のスタッフ・キャストで現代に甦らせたのだ。

画像
画像
〈ストーリー〉
女・芽衣子は、愛人関係にある男・隆彦と周到に殺人計画を企てる。それは、自分の夫・手都孝光を自殺と見せかけて隆彦に殺させること。その完全犯罪は、たった15分で終わるはずだった...。
しかし、その計画は隆彦が巻き込まれたエレベーターのアクシデントによって、もろくも崩れ去ってしまう。芽衣子は、約束の場所に現れなかった隆彦を捜して、夜の街を彷徨う。
隆彦は、閉じ込められたエレベーターで、あせり、いらだち、恐れ、一夜を過ごす。そして、もうひとつの若いカップルによって引き起こされる、さらなる殺人事件。ひとつの歯車が狂い始めたとき、2人の愛は衝撃の結末へと向かって行く...。

公式サイト、http://www.shikeidai.jp/

製作/2010年
公開/2010年10月9日 日本映画

監督/緒 方   明
原作/ノエル・カレフ『死刑台のエレベーター』
脚本/木 田 薫 子

出演/吉 瀬 美智子
    :手都芽衣子(孝光の妻)
   阿 部   寛
    :時藤 隆彦/医師
   玉 山 鉄 二
    :赤城 邦衛/警察警官
   北 川 景 子
    :松本美加代(赤城邦衛の彼女)/
            美容室「クオレ」美容師
   津 川 雅 彦
    :手都 孝光/「手都グループ」会長
   柄 本   明
    :柳町 宗一/神奈川県警横浜警察署刑事

映画チラシ・新作パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック