映画「大奥(2010年版)」チラシ3

男だけが患う謎の疫病が蔓延した江戸、徳川の時代。日本国は、多くの男が死に至り、その数、実に女の4分の1に減少していた...。
全ての重要な仕事に女が就き、男が体を売る男女逆転の浮世。そんな世で最も贅沢を尽くした場所。それは、1人の女将軍に、3,000人の美しき男たちが仕える女人禁制の男の園、大奥だった。そして今、1人の若き侍が、その扉を開けようとしていた...。
原作は、手塚治虫文化賞をはじめ、幾多の受賞歴を誇る、よしながふみの人気コミック。その唯一無二の世界の映像化にあたり準備された、「大奥映画」最大の御鈴廊下をはじめとした壮麗なセットや、究極の贅を尽くした男たちの衣装、そして映画初登場となる香道など、語り尽くせぬ見どころと共に今、誰も見たことがない「大奥」の扉が開きます。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
時は正徳6年、男子だけを襲う謎の疫病が席巻した江戸、徳川の時代...。
多くの男が死に至った男女逆転の世にあっても、武士道を追い求める稀有な青年、水野祐之進。彼は、困窮した旗本である家を救うため、そして叶わぬ恋の相手である大問屋の娘、お信への想いを断ち切るために大奥に上がることを決意する。

徳川の血を絶やさぬため、1人の女将軍のもと、3,000人の美男が集められた女人禁制の男の園、「大奥」。そこでは、将軍の寵愛を求めて、日夜、才色兼ね備えた男たちの熾烈な競争が繰り広げられていた。贅を尽くしたきらびやかな表向きとは裏腹に、1度足を踏み入れたら、俗世に戻ることを許されない闇をもあわせもった世界で、それぞれの野望を持って生きる男たち。
降りかかる数々の不条理な宿命に友人やライバルが翻弄される中、水野は、生まれ持った才覚で、渦巻く嫉妬や策略を乗り越え昇進していく。そんな中、幼少で亡くなった七代将軍・家継に代わって、紀州より八代将軍・吉宗が迎えられた。男勝りな吉宗は、不況の世を憂い、果敢に政治の、そして大奥の抜本的改革に挑む、知性に富んだ女性でもあった。

そして、吉宗初の大奥へのお目見えとなる「総触れ」の日が近づく。「この世で最後の侠気をもった男:水野」と「この世を変える可能性を秘めた女:吉宗」が出逢うときがやってきたのだ...。

公式サイト、http://Ohoku.jp

製作/2010年
公開/2010年10月1日 日本映画 116分

監督/金 子 文 紀
原作/よしなが ふみ『大奥』
脚本/高 橋 ナツコ

出演/二 宮 和 也
    :水野祐之進/徳川家家臣(旗本)
   柴 咲 コ ウ
    :徳川 吉宗(紀伊・徳川家三女)/
                 徳川第八代将軍
   堀 北 真 希
    :お信(水野の幼なじみ)/薬問屋娘
   大 倉 忠 義
    :鶴岡/徳川家家臣(旗本)・大奥表使い
   中 村   蒼
    :垣添/「大奥呉服の間」お針子
   玉 木   宏
    :松島/大奥御中臈〈おちゅうろう〉
   和久井 映 見
    :加納 久通(徳川吉宗の幼なじみ)/御用取次
   阿 部 サダヲ
    :杉下/徳川家家臣(御家人)・
               「大奥御三の間」世話係
   佐々木 蔵之介
    :藤波/大奥総取締役
   倍 賞 美津子
    :水野 頼宣(水野祐之進の母)
   竹 脇 無 我
    :(水野祐之進の父)

映画チラシ・新作パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック