映画「八つ墓村」チラシ2

原作小説「八つ墓村」は、戦後の横溝作品の中でその特質である巧妙なトリックの面白さと、耽美ロマンの世界が融和した長編であり、作品のボルテージの極めて高いものと評価されています。野村芳太郎監督は『砂の器』以来、この1作に全精魂を傾けての演出をしています。

画像
画像
〈ストーリー〉
数奇な運命の子・辰弥が、はじめて会った母方の祖父の変死を目撃して、親戚筋の美也子の案内で「八つ墓村」を訪れる。辰弥は村の多治見家の跡取として迎えられるが、彼が村に来た翌日から血なまぐさい殺人が続発した。
毛利、尼子の戦乱から端を発した400年にわたる怨念が息づいているこの村に、丁度いあわせた金田一耕助は、たちまち事件の渦中に巻き込まれることになる。しかし、辰弥の兄・久弥、小学校の工藤校長、祈祷師の濃茶の尼、辰弥の大伯母・小梅、久野医師、辰弥の義姉・春代が相次いで殺され、辰弥も鍾乳洞内で窮地に陥る。それで金田一耕助の謎解きが始まるが...。

製作/1977年
公開/1977年9月23日 日本映画 150分

監督/野 村 芳太郎
原作/横 溝 正 史『八つ墓村』
脚本/橋 本   忍

出演/萩 原 健 一
    :寺田 辰弥/「羽田空港」発着誘導員
   小 川 真由美
    :森 美也子(多治見家の分家の嫁)
   渥 美   清
    :金田一耕助/探偵
   山 崎   努
       :多治見要蔵(寺田辰弥の父)
   (二役):多治見久弥(寺田辰弥の義兄)
   山 本 陽 子
    :多治見春代(寺田辰弥の義姉)
   市 原 悦 子
    :多治見小竹(寺田辰弥の大伯母)
   山 口 仁奈子
    :多治見小梅(寺田辰弥の大伯母)
   中 野 良 子
    :井川 鶴子(寺田辰弥の母)
   加 藤   嘉
    :井川 丑松(寺田辰弥の祖父)
   井 川 比佐志
    :井川 勘治(鶴子の夫)
   大 滝 秀 治
    :諏訪  啓/弁護士
   藤 岡 琢 也
    :久野/医師
   下 條 正 巳
    :工藤/小学校校長
   任 田 順 好
    :「濃茶の尼」/祈祷師
   花 沢 徳 衛
    :磯川/岡山県警・警部
   下 條 アトム
    :新井/岡山県警八つ墓村駐在所・巡査
   夏八木   勳
    :尼子義孝/平家落武者
   田 中 邦 衛
    :「平家落武者」

映画チラシ・上映中パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

この記事へのコメント

うぼで
2014年01月19日 19:47
小学校時に劇場で観ました。怖くてしばらく暗い所に1人で行けませんでした。このポスター何か思わしげで今でも魅惑がありますね(笑)。

この記事へのトラックバック