映画「瞳の奥の秘密」チラシ2

1974年、ブエノスアイレスを震撼させた、ある殺人事件。裁判所を引退した男は、その忘れがたい事件を小説にする。未解決の謎を解き、25年もの秘められた愛と向き合うために...。
2009年8月に本国アルゼンチンで封切られた本作は、歴史的な大ヒットを記録し、34週にもわたりロングラン上映された。その年に発表されたアルゼンチン・アカデミー賞では17部門にノミネートされ、13部門を独占受賞する快挙を成し遂げました。そして本家のアカデミー賞では外国語映画部門でエントリーされ、見事に頂点の外国語映画賞に輝いた作品です。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
ブエノスアイレス。刑事裁判所を引退したベンハミンは、忘れがたいある事件を題材に小説を書き始める。それは、1974年に結婚間もない女性が殺害された残虐な事件だった。妻を奪われた銀行員の夫の深い愛情に突き動かされたベンハミンは、判事の制止を振り切り、犯人を捜し始める。そして、ようやく容疑者にたどり着くが...。
あれから25年。タイプライターを前に自身の人生を振り返るベンハミンに、上司だったイレーネの存在が鮮やかに甦る。いまだ過去に生きる自分と訣別するために、彼は事件の裏側に潜む謎と、今も変わらぬイレーネへの想いに向き合うことを決意する。果たして、ベンハミンは失った歳月を取り戻すことが出来るのか...?

公式サイト、http://hitomi-himitsu.jp

原題/EL SECRETO DE SUS OJOS
英題/THE SECRET IN THEIR EYES
製作/2009年
公開/2010年8月14日
   スペイン・アルゼンチン映画 129分

監督・脚本/ファン・ホセ・カンパネラ

出演/リカルド・ダリン
    :ベンハミン・エスポシト/元刑事裁判所職員
   ソレダ・ビジャミル
    :イレーネ・メネンデス・ヘイスティングス
      (ベンハミンの元上司)/元判事補・現検事
   ギレルモ・フランチェラ
    :パブロ・サンドバル(ベンハミンの元部下)
   パブロ・ラゴ
    :リカルド・モラレス/銀行員
   ハビエル・ゴディーノ
    :イシドロ・ゴメス

映画チラシ・上映中パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック