映画「影武者」チラシ

武田信玄は「己の死を三年間、秘密にせよ!」と遺言した。これは、偉大な信玄の影武者として壮烈に生きた男の物語である。
戦国時代、武田信玄は死に臨み、己無き後の武田家の前途を危惧し、その死を3年間秘密にせよと遺言した。本作は偉大な信玄の影武者となったある男の奇妙な人生と、信玄と対峙していた織田信長、徳川家康との興亡を勇壮、絢爛に描くスペクタクル時代劇です。
信玄とその影武者の二役を仲代達矢、その他の配役はオーデションによって、既成の俳優にとらわれずに異例のキャスティングが組まれた作品です。

画像
画像
〈ストーリー〉
天正元年、冬。武田信玄は野田城攻めの一夜、鉄砲で狙撃され重傷を負った。信玄狙撃の報は三河の徳川家康の許に飛んだ。そして、尾張の織田信長に、越後の上杉謙信に...。彼らは間者を放って、信玄の生死を探った。信玄なくば戦国の版図は一変するからだ...。
甲斐に帰る信玄には最期の時が訪れていた。死に臨んで、武田の行く末を案じ、遺言を与えたのである。
「われ死すとも、三年は喪を秘し、領国の備えをかため、ゆめゆめ動くな...」。
信玄の死を隠すことは難事であった。弟の信廉〈のぶかど〉は影武者をたてるという苦肉の策を発案した。信廉は自身も信玄の影武者をしていたが、敵を欺くには、まず味方からだと悟ったのだ。実は信廉は信玄と瓜二つの男をかねてから用意していた。無類の盗人ではあったが、どこか不思議な力があり、「影」は信玄の側室さえ見分けがつかない男だったのだ...。

製作/1980年
公開/1980年4月12日 日本映画 181分

監督・脚本/黒 澤   明
脚本/井 手 雅 人
海外版エグゼクティブプロデューサー/
   フランシス・コッポラ
   ジョージ・ルーカス

出演/仲 代 達 矢
    :武田徳栄軒 信玄(晴信)/信濃・甲斐国主
   (二役):野盗
   山 崎   努
    :武田刑部少輔 信廉〈のぶかど〉
             (信玄の弟)/武田家親族衆
   萩 原 健 一
    :武田四郎 勝頼〈かつより〉
            (信玄の四男)/武田家親族衆
   根 津 甚 八
    :土屋平八郎 昌次/武田家近習番頭
   大 滝 秀 治
    :山県三郎兵 昌景/武田家譜代家老衆侍大将
   室 田 日出男
    :馬場美濃守 信春/武田家譜代家老衆侍大将
   桃 井 かおり
    :お津彌の方(信玄の側室)
   倍 賞 美津子
    :於ゆうの方(信玄の側室)
   藤 原 釜 足
    :御宿〈みしゅく〉監物〈けんもつ〉友綱/医師
   隆   大 介
    :織田上総介 信長/尾張国主
   山 中 康 仁
    :森  蘭丸/武田家奥近習
   油 井 昌由樹
    :徳川三河守 家康/三河国主
   清 水 利比古
    :上杉弾上少粥 謙信/越後国主

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック