映画「君に届け」パンフ

黒沼爽子〈さわこ〉は、見た目が暗いため「貞子」と呼ばれ、周囲から少し怖がられていた。でも、実はとても健気で前向きな高校1年生。座右の銘は「一日一善」で、人が嫌がるようなことも進んでやるピュアホワイトな性格の持ち主。明るく、誰にでも同じように接するクラスメイトの風早〈かぜはや〉を尊敬していた...。
風早翔太は、爽やかなルックスと真っすぐな性格で、女子だけでなく男子からも慕われる人気者。そんな2人が同じ高校に入学し、同じクラスになった。入学式の日、道に迷っているところを爽子に助けられたことから、爽子が気になる存在になる翔太。人知れずみんなの役に立つことをしていたり、実は前向きな性格だと知り、爽子に次第に惹かれていく...。

画像
画像
〈ストーリー〉
黒沼爽子はとても真面目で、「一日一善」をモットーにしている女の子なのに、見た目が暗いせいで周りから怖がられ、「貞子」というあだ名までつけられている。しかし、周りを気づかう性格のため、自分のことをうまく伝えられず、ひとり浮いた存在だった。そんな爽子は高校の入学式の日に、道を教えてあげた風早翔太と同じクラスになる。
爽子とは正反対で、明るく爽やかで誰にでも親しく接する風早は、男女を問わずみんなから慕われる人気者。爽子にもごく普通に親しげに接してくれる風早に対して、戸惑いもあった爽子だったが、次第に憧れと尊敬の気持ちを抱くようになる。一方、風早も人知れずクラスや学校のために働く爽子に興味を持ち始める...。

7月の夏休み前、クラス全員参加の肝試しを企画した風早は、躊躇していた爽子にも参加を促す。爽子は教室で「貞子、お化け役やんねーかな」と話していた吉田千鶴と矢野あやねの声を聞き、少しでもみんなの役に立とうとお化け役を志願する。肝試し当日、爽子のお化け役は大成功し、千鶴とあやね、そして風早との距離が少し縮まっていくのだが...。

製作/2010年
公開/2010年9月25日 日本映画 128分

監督・脚本/熊 澤 尚 人
原作/椎 名 軽 穂『ラブ・ヴァイブス』
脚本/根 津 理 香

出演/多 部 未華子
    :黒沼 爽子〈さわこ〉/高校1年生
   三 浦 春 馬
    :風早〈かぜはや〉翔太/高校1年生
   蓮 佛 美沙子
    :吉田 千鶴/高校1年生
   桐 谷 美 玲
    :胡桃沢 梅/高校1年生
   夏     菜
    :矢野あやね/高校1年生
   青 山 ハ ル
    :真田  龍/高校1年生
   富 田 靖 子
    :黒沼 陽子(爽子の母)
   勝 村 政 信
    :黒沼喜多夫(爽子の父)
   金 井 勇 太
    :城ノ内宗一/高校1年生
   ARATA
    :荒井 一市(爽子のクラス担任)/高校体育教師

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック