映画「TAJOMARU〈タジョウマル〉」パンフ

時は乱世。何不自由ない家柄に生まれながら、大盗賊「多襄丸〈たじょうまる〉」を名乗ることになった男。血を分けた兄、弟のようにかわいがってきた家臣、そして心の底から愛した女...。誰よりも信じていた者たちに裏切られ一変した人生を送ることになる。しかし、何もかも失くした絶望の淵にあってなお、思いもよらぬところに見つけた友情の絆。信頼と不信がすっかり逆転したかに見えたその時、再び、そのすべてが揺らぎ始める。多襄丸に起こった出来事のひとつひとつに裏があり、別の視点から見れば同じ出来事がまったく異なって見えてくる...。

画像
画像
〈ストーリー〉
戦乱の世が近づく室町末期。次期管領職を約束された名門・畠山家の長男・信綱と、次男・直光の仲を引き裂いたのは、八代将軍・足利義政の一言だった。先ごろの流行り病で亡くなった大納言の娘・阿古と結婚し、その財産を受け継いだほうを管領職に就ける、という突然のお達し。義政の狙いは、大納言が遺した金塊を手に入れることだったが、兄弟の幼なじみである阿古は、今は直光の許嫁になっていた。

このままでは、畠山家の家督も管領職も弟に奪われると焦った信綱は、「阿古と一緒になれさえすれば、金塊も家督もいらない」という直光の言葉を信じられず、阿古を力ずくで自分のものにしてしまう。それを知った直光は、阿古を連れて逃げ出すが、兄に追っ手を放たれる身になってしまう。阿古は、自分と一緒では死ぬまで追われることになると、信綱のもとに戻ろうとするが、直光は「死ぬときはふたり一緒」と、阿古を説得するのだ。直光に付き従ったのはわずかな家臣のみだった。幼少からの忠臣・景時と、幼い頃、屋敷に盗みに入って捕らえられ、直光に助けられて以来、畠山家の家臣として兄弟同然に育ってきた桜丸だった...。

しかし翌日には、景時は何者かに斬り殺され、桜丸も行方知れずになっていた。ふたりだけで山道を行く直光と阿古。そこに現れたのは、巷にその名を轟かす大盗賊・多襄丸〈たじょうまる〉だった。直光は必死に阿古をかばおうとして、多襄丸の一撃をくらって気を失ってしまう。気付いたときには、木の根元に縛りつけられ、身動きできない状態で、直光は衝撃的な光景を目の当たりにする。すでに多襄丸に手をかけられた様子の阿古。その阿古をなおもかき口説く多襄丸。すると阿古は多襄丸に身を寄せて、耳を疑うような言葉を口にする。
「あの人を殺して...」。私と一緒になりたければ、今すぐ直光を殺せとせきたてるのだ...。

一瞬生じた多襄丸の迷い。その隙に逃げ出した阿古をぼう然と見送る直光。さすがに哀れと思った多襄丸が、直光の縄を解き、阿古を追おうとした瞬間、直光は手にした小刀で多襄丸をひと突きにする。虫の息の多襄丸は、「多襄丸を殺した者が、次にその名を受け継ぐ定め」と言い遺し、多襄丸の証である浪切の剣を託して息絶えるのだった...。

製作/2009年
公開/2009年9月19日 日本映画 131分

監督/中 野 裕 之
原案/芥 川 龍之介『薮の中』
脚本/市 川 森 一
   水 島 力 也

出演/小 栗   旬
    :畠山 直光「新 多襄丸(タジョウマル)」
                    (畠山家次男)
   柴 本   幸
    :阿古(畠山直光の許嫁)
   田 中   圭
    :桜丸/畠山家家臣
   やべきょうすけ
    :道兼/野盗・リーダー
   池 内 博 之
    :畠山 信綱(畠山家長男/直光の兄)/管領職家
   本 田 博太郎
    :栗山 秀隆/所司代
   近 藤 正 臣
    :景時(畠山直光の忠臣)/畠山家家臣
   松 方 弘 樹
    :「旧 多襄丸」/大盗賊
   萩 原 健 一
    :足利 義政/室町幕府第八代征夷大将軍
   山 口 祥 行
    :鉄/野盗
   綾 野   剛
    :猿/野盗
   須 賀 貴 匡
    :鷹/野盗

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック