映画「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」チラシ

裁判員制度がスタートし、芸能人の覚せい剤事件や猟奇殺人事件、芸能人暴行事件など裁判がワイドショーネタになる時代。ナマの裁判をライブで傍聴する人も急増中!そんな傍聴ブームに火をつけた北尾トロの同名ベストセラーエッセイがついに映画化された。
『傍聴のための簡単5つのルール』
1、入り口から堂々と、服装は自由!
2、公判予定表をチェ~ック!
3、シネコンかよ?の立ち見は不可!
4、傍聴マニアの友達を作る!
5、撮影、録音、私語厳禁!


画像
画像
〈ストーリー〉
美人映画プロデューサーから依頼された「愛と感動の裁判映画」の脚本を書くため、三流ライター・南波タモツは、生まれて初めて裁判所に足を踏み入れる。だが実際の法廷では、「収穫した大根の大きさをめぐって友人を撲殺?」、「『歯が痛くて...』と覚せい剤を打ったと泣きわめくシャブ中の女」、「痴漢事件で女子高生が大勢傍聴する裁判で、がぜん張り切る裁判長」、あげくにはAV3本万引き犯やら、PEACEトレーナーを着たひき逃げ犯やらと、突っ込みどころ満載のワイドショーネタばかり...。そんな中、傍聴マニアの西村や谷川、永田たちと行動をともにすることになったタモツだが、ある時、美人鬼検事マリリンに「楽しいでしょうね、他人の人生を高見の見物して!」と、きつい言葉を浴びせられる始末。裁判所前では、放火事件被告の母親が、息子のえん罪を訴えるビラを必死で配っている...。

公式サイト、http://www.do-suka.jp

製作/2010年
公開/2010年11月6日 日本映画 95分

監督/豊 島 圭 介
原作/北 尾 ト ロ『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』
脚本/アサダ アツシ

出演/設楽 統(バナナマン)
    :南波タモツ/脚本家
   片 瀬 那 奈
    :長谷部真理「マリリン」/検事
   鈴 木 砂 羽
    :須藤 光子/映画プロデューサー
   螢   雪次郎
    :西村 幸吉/裁判傍聴人
   村 上   航
    :谷川 哲也/裁判傍聴人
   尾 上 寛 之
    :永田 邦明/裁判傍聴人
   モ ト 冬 樹
    :「C」/「302号法廷」裁判員
   平 田   満
    :平原/「529法廷」検察官
   日村勇紀(バナナマン)
    :藤田/「533号法廷」被告

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック