映画「悪人」パンフ

芥川賞作家・吉田修一の最高傑作「悪人」の映画化。九州北部の地方都市を舞台に起こる暴行殺人事件。殺した男と、彼を愛した女。引き裂かれた家族に、加害者と被害者。様々な視点から真相が明らかになるにつれ、読者はある疑問にたどり着く。
「いったい誰が本当の『悪人』なのか」と...。
原作者である吉田修一自身が、『フラガール』の李相日監督と共に初めて映画脚本を手がけ、リアルで骨太な原作の魅力を映画的な人間ドラマに昇華させています。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
土木作業員の清水祐一は、長崎郊外のさびれた漁村で生まれ育ち、恋人も友人もなく、祖父母の面倒をみながら暮らしていた。彼の唯一の趣味は車を乗り回すことだった。
佐賀の紳士服量産店に勤める馬込光代は、妹と二人暮らしで、アパートと職場を往復するだけの毎日を送っていた。
孤独なふたりは偶然出会い、刹那的な愛にその身を焦がす。しかし、祐一には一つだけ光代には話していない秘密があった。彼は殺人事件の犯人だったのだ...。

数日前、福岡と佐賀の県境、三瀬峠で福岡の保険会社に勤めるOL・石橋佳乃の絞殺死体が発見された。事件当日の晩に佳乃と会っていた地元の裕福な大学生・増尾圭吾に容疑がかかり、警察はその行方を追っていた。
久留米で理容店を営む佳乃の父・石橋佳男は、一人娘の死に絶望する。その上、以外な事実が浮かび上がる。佳乃は出会い系サイトで、複数の男相手に売春行為をしていた疑いがあったのだ。その後、逃げていた増尾が警察に拘束されるが、DNA鑑定から犯人でないことが判明する。やがて新たな容疑者として金髪の男「清水祐一」が浮上した...。

祐一の祖母・房枝は、祐一が殺人事件の犯人だと知らされ、連日マスコミに追い回されていた。房枝は、幼い頃母親に捨てられた祐一を我が子同然に育ててきた。孫の犯した罪に動揺する一方で、悪質な詐欺にあい、更に追いつめられていく。

警察の追跡を逃れた祐一は光代の元へ向かう。祐一は光代に女性を殺したことを打ち明け、警察に自首すると言う。光代は衝撃を受けるが、思わず祐一を引き止めた。生まれて初めて人を愛する喜びを知った光代は、祐一と共に絶望的な逃避行を選ぶのだった...。

製作/2010年
公開/2010年9月11日 日本映画 139分

監督・脚本/李   相 日
原作・脚本/吉 田 修 一『悪人』

出演/妻夫木   聡
    :清水 祐一/土木作業員
   深 津 絵 里
    :馬込 光代/紳士服量産店店員
   柄 本   明
    :石橋 佳男(佳乃の父)/「石橋理容店」店主
   樹 木 希 林
    :清水 房江(祐一の祖母)
   岡 田 将 生
    :増尾 圭吾/大学生
   満 島 ひかり
    :石橋 佳乃/保険会社社員
   宮 崎 美 子
    :石橋 里子(佳乃の母)
   光 石   研
    :矢島 憲夫(清水房江の親戚)
   余   貴美子
    :清水 依子(祐一の母/房江の娘)
   井 川 比佐志
    :清水 勝治(祐一の祖父/房江の夫)
   塩 見 三 省
    :佐野/福岡県警刑事
   永 山 絢 斗
    :鶴田 公紀/大学生
   松 尾 スズキ
    :堤下/詐欺師

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック