映画「ザ・タウン」チラシ

知られざる驚愕の「現実」から生まれた、魂を撃ち抜くクライム・ドラマ!
監督2作目にして、全米初登場第1位となったのは、脚本を手がけ、主演も果たしたベン・アフレック。共演は、『ハート・ロッカー』でオスカーにノミネートされたジェレミー・レナー、『それでも恋するバルセロナ』のレベッカ・ホールと、今をときめく豪華な顔ぶれです。

画像
画像
〈ストーリー〉
アメリカでどこよりも銀行強盗が多い小さな街がある。ボストンの北東部に位置するチャールズタウン。そこに暮らす者たちは、愛情と憎しみをこめて、その街を「タウン」と呼ぶ。
ダグは抜け出すつもりだった。強盗を親から子へと家業のように引き継ぐこの街から。しかし、プロ・ホッケー選手になる夢に破れ、今では強盗グループのリーダーとなっていた。狭い街角で家族のように血と骨を分け合って育った3人の仲間たちと、カケラひとつの証拠も残さない完全犯罪に命を張っていた。
その日も綿密な計画に従って銀行を襲撃するが、逃走するまでの間、予定外に人質を取った女性支店長のクレアが「タウン」の住民だと知ったダグは、彼女が何を見たのか確かめるために、正体を隠して近づく。決して交わるはずのなかった2人の出会いが、タウンの人々の運命を変えてしまった。
激しく恋いに落ちたクレアとの新しい人生を願うダグ。
執拗に一味を追い詰めるFBI特別捜査官・フローリー。
タウンを出て行こうとするダグを許さない仲間のジェム、クレアに忍び寄る裏社会の掟。
仲間を裏切るのか、それとも愛という名の希望を失うのか...。
ダグは大リーグスタジアムの襲撃という、最も危険な「最後の仕事」へと向かうのだが...。

公式サイト、http://www.thetownmovie.jp

原題/THE TOWN
製作/2010年
公開/2011年2月5日 アメリカ映画

監督・脚本/ベン・アフレック
   脚本/ピーター・クレイグ

出演/ベン・アフレック
    :ダグ/強盗グループ・リーダー
   レベッカ・ホール
    :クレア/銀行女性支店長
   ジョン・ハム
    :フローリー/アメリカ連邦捜査局(FBI)
                   特別捜査官
   ジェレミー・レナー
    :ジェム/強盗グループ
   ブレイク・ライブリー
    :クリスタ
   ピート・ポスルスウェイト
    :ファーギー
   クリス・クーパー
    :「ビッグ・マック」

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック