映画「天使の恋」パンフ

高校生の理央は、つねに仲間たちの中心にいるような明るい17歳。だが、過去のトラウマから他人を信じられず、自分の役に立つ人と援助交際で得るお金にしか興味を持てずにいた。そんなある日、どこか寂しげな大学教授・光輝と出会い、運命的な恋におちる...。
初めて人を愛することを知って、これまでの自分を悔い改めようとする理央。光輝はそんな理央に惹かれていく。しかし、光輝には素直に彼女を受け入れられない理由があったのだ...。

主演に体当たりで挑んだのは、女性ファッション誌やCM、広告にと今最も注目を集めているカリスマモデル・佐々木希。本作が映画初主演ながら、恋をして生き生き輝く「理央」というキャラクターを見事に演じきっています。
メガホンを執るのは、本作が長編デビューとなる27歳の女性監督・寒竹ゆり、原作にオリジナルのアイデアを盛り込み、若い感性で瑞々しくも美しい映像で究極のラブストーリーを描いています。

画像
画像
〈ストーリー〉
他人に傷つけられるくらいなら、傷つける側になる...。
17歳の女子高生・小澤理央は、3年前の「あるトラウマ」から他人を信じられなくなっていた。お金にしか興味を持たなくなった彼女は、クラスメイトの友子をまきこみ、真樹、未歩とともに援助交際をして、ブランド物をまといクラブで遊ぶ日々を過ごしていた。
そんなある日、彼女に突然の「出会い」が訪れる。相手は偶然知り合った35歳の歴史学者の大学教授・小澤光輝。3年前に告げられた「ある運命」から、自分の人生に絶望し、彼もまた他人との関わりを避け、ひとり静かに日々を過ごしていたのだ。
その寂しげな佇まいに、無性に惹かれていく理央。勉強を教わる口実で光輝に付きまとう彼女は光輝に「恋」しているのだと気付く。彼と一緒に生きたい。はじめての恋。新たな一歩を踏み出した理央は、友子たちの応援を受け、光輝に猛アタックする。そんな彼女のひたむきでピュアな心に、光輝も自然と思いを募らせる。初めてのデート、図書館でのファーストキス、理央を強く抱きしめる光輝。ふたりは淡くも心地よい時間を重ねていく。
しかし、幸せな時間に突然終わりが訪れる。ある日、光輝が失踪し、理央は深い悲しみに襲われる。やがて光輝の秘密と切ない決断が明かされた時、理央の涙が溢れ出す...。

製作/2009年
公開/2009年11月7日 日本映画 119分

監督・脚本/寒 竹 ゆ り
原作/sin『天使の恋』

出演/佐々木   希
    :小澤 理央/女子高生(17歳)
   谷 原 章 介
    :小澤 光輝/大学教授
   山 本 ひかる
    :鮎川 友子(理央の同級生)/女子高生
   大 石 参 月
    :田沼 真樹(理央の同級生)/女子高生
   七  菜  香
    :松方 未歩(理央の同級生)/女子高生
   加 賀 美早紀
    :芝田奈緒子(理央の同級生)/女子高生
   深 水 元 基
    :田辺 佑二(理央の元彼氏)/大学生
   酒 井 若 菜
    :潮田 香里(光輝のいとこ)
   吹 越   満
    :下山 昌男(奈緒子の母の恋人)
   津 田 寛 治
    :田代 一喜(光輝の主治医)/医師
   笑福亭 鶴 光
    :「不動産屋社長」
   若 村 麻由美
    :小澤 絢子(理央の母)

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック