映画「僕は妹に恋をする」パンフ

600万部の大ヒットコミックの映画化で、松本潤初の単独主演作です。
高校3年生の双子の兄妹、頼〈より〉と郁〈いく〉の、決して報われることのない切ない愛を描いたラブストーリー『僕は妹に恋をする』。残酷なほどに純粋な2人の恋心と揺れ動く感情を安藤尋監督が美しく描き出しています。
原作は、「少女コミック」に連載されていた青木琴美の大人気同名コミックです。

画像
画像
〈ストーリー〉
双子の兄妹、頼〈より〉と郁〈いく〉は、同じ学校に通う高校三年生。幼い頃は無邪気に結婚の約束をしたほど仲がよかったのに、最近の頼はそんなことをすっかり忘れたかのように郁には冷たい。郁は、自分に思いを寄せる矢野立芳にどう答えるべきか悩んで頼に相談するが、「郁の好きにしろよ...」と返事は冷たかった。
翌日、体育の授業でサッカーをする頼と矢野。激しく矢野に当たっていく頼に対し、矢野は「妹ちゃんのこと、諦めないから!」とさらに挑発する。放課後、校庭を歩く郁を優しい眼差しで見つめる頼。そんな頼に対し、クラスメイトの楠友華は、意味ありげに「妹って得だね...」とつぶやくのだった...。

ある夜、ついに頼は、郁に本当の想いを打ち明ける。
「ずっと、好きだったんだ。もう嘘はつけない」。戸惑いながらも郁は頼にキスをして、頼の想いを受け入れる。郁にとっても、頼は特別な存在になっていた。そんな2人の変化に母親の咲も気付き始めていたのだ...。

製作/2006年
公開/2007年1月20日 日本映画 122分

監督・脚本/安 藤   尋
原作/青 木 琴 美『僕は妹に恋をする』
脚本/祢 寝 彩 木

出演/松 本   潤
    :結城  頼(咲の双子の兄)/男子高校生
   榮 倉 奈 々
    :結城  郁(咲の双子の妹)/女子高校生
   平 岡 祐 太
    :矢野 立芳/男子高校生
   小 松 彩 夏
    :楠  友華/女子高校生
   浅 野 ゆう子
    :結城  咲(頼、郁の母)

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック