映画「これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫」チラシ

小学館の名物編集者・武居俊樹が、35年間にわたる赤塚不二夫との濃い関係を描いた「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」を原作に、さらに事実を超脚色して、誇張して映画化。個性派俳優の浅野忠信が「シェー!!」と奇才・赤塚不二夫を熱演。そして清純派女優の堀北真希が「ニャロメ!!」とハチャメチャな編集者を演じています。

画像
画像
〈ストーリー〉
1967年(昭和42)、小学館の入社式。その雰囲気に全く合わない人物がホールへと近づいていた。
「お待たせざんす!ミーはたった今、花のおフランスから帰ってきたざんす!」
紫のスーツに出っ歯、「イヤミ」に扮して登場したのは、小学館「少年サンデー」の看板漫画家・赤塚不二夫だった。
「ミーがチミたちに言いたいことはたった一つ、それはバカになることざんす!」
そして、社員全員で「シェー」のポーズ。しかしその中で一人だけ呆然と立ち尽くす新入社員の武田初美がいた。その姿が赤塚の目に止まり、初美の手足を掴んで無理矢理「シェー」のポーズをさせる。
「やめてください...」
初美は、おもわず赤塚の顔面に思いっきりパンチを喰らわした。この衝撃的な出会いが、日本の運命を変えていく...。
超バカ天才漫画家・赤塚不二夫と、真面目新人編集者・武田初美の戦いの火ぶたが切って落とされたのだ...。

公式サイト、http://www.iinoda.jp

製作/2011年
公開/2011年4月30日 日本映画 

監督・脚本/佐 藤 英 明
原作/武 居 俊 樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』
脚本/君 塚 良 一

出演/浅 野 忠 信
    :赤塚不二夫/漫画家
   堀 北 真 希
    :武田 初美/「小学館」新入社員
   阿 部   力
   木 村 多 江
   いしだ あゆみ
   佐 藤 浩 市

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック