映画「ヒアアフター」パンフ

スティーヴン・スピルバーグの心を動かした、1本の脚本。それは死に直面することによって、生きることの素晴らしさを見出す3人の男女の物語だった。
パリ在住のジャーナリストのマリーは、津波にのまれて呼吸停止した時に見た光景(ビジョン)が、頭から離れない。あの不思議な映像は何だったのか?
ロンドン在住の少年マーカスは、双子の兄を亡くした悲しみから立直れない。兄とはもう2度と会えないのか?
かつて霊能力者として知られたサンフランシスコ在住のジョージは、自分の才能を「呪い」だと嫌悪し、過去を隠して生きている。なぜ自分だけ、死者の声が聞こえるのか?
互いの問いかけに導かれるように巡り会った3人が、最後に見つけたものとは...。

画像
画像
〈ストーリー〉
パリで活躍するジャーナリストのマリー・ルレは、恋人との休暇を楽しんでいた東南アジアで、津波にのまれて死にかける。無事に帰国してからも、呼吸が停止した時に見た不思議な光景(ビジョン)が忘れられず、仕事も手につかない。しばらく休暇を取ることにしたマリーは、自分が見たものは何かを突き止めよいうと調査を始める...。

かつて霊能者として活躍していたジョージは、死者との対話に疲れ、今はサンフランシスコの工場で働いている。人生を変えようと通い始めた料理教室で知り合ったメラニーに好意を寄せるが、ジョージの「才能」が原因で、彼女は彼の前を去ってしまう...。

ロンドンで母と双子の兄と暮らすマーカスは、突然の交通事故で兄を亡くす。母と引き離され里親に預けられたマーカスは、もう1度兄と話したいと幾人もの霊能者を訪ね歩くが、なかなか本物とは出会わなかった。ある日マーカスは、ジョージの古いウェブサイトにいきあたる...。

調査の成果を本に書き上げ、ブックフェアに参加するマリー。すべてから逃げ出して大好きなディケンズの博物館を訪れるジョージ。2人の行き先は、ロンドンだった。3人の人生が交錯し、何かが起きようとしていた...。

原題/HEREAFTER
製作/2010年
公開/2011年2月19日 アメリカ映画 129分

監督/クリント・イーストウッド
製作総指揮/スティーヴン・スピルバーグ
脚本/ピーター・モーガン

出演/マット・デイモン
    :ジョージ/元霊能者・工場工員
   セシル・ドゥ・フランス
    :マリー・ルレ/ジャーナリスト
   ジェイ・モーア
    :ビリー
   ブライス・ダラス・ハワード
    :メラニー
   ジョージ・マクラレン
    :マーカス(双子の弟)/少年
   フランキー・マクラレン
    :ジェイソン(双子の兄)/少年
   ティエリー・ヌーヴィック
    :ディディエ
   マルト・ケラー
    :ルソー博士

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック