映画「キラー・インサイド・ミー」チラシ

スティーヴン・キングも絶賛!禁断のノワール小説を『マイティ・ハート/愛と絆』のマイケル・ウィンターボトム監督が完全映画化。
誰からも好かれる保安官助手が、若く美しい娼婦と出会ったことから、心の奥底にある悪魔の殺人衝動を目覚めさせてしまう。人の持つ複雑な暗闇をえぐり出し、待ち受ける驚愕のラストへと押し進む...。
抑え切れない衝動、壊れゆく自分。
なぜ孤独を感じるのか?
なぜ人を愛するのか?
なぜ殺したくなるのか?
頭と心が引き裂かれていく...。


画像
画像
〈ストーリー〉
1950年代の西テキサス。田舎町セントラルシティの保安官助手ルー・フォードは、物腰が柔らかく愛想がいいと評判の青年だ。29歳の彼は町で唯一の医師だった今は亡き父親の屋敷を相続し、長年連れ添っている町一番の美人教師エイミー・スタントンとの恋愛も順調である。
しかしある日、取締りの一環で出会った娼婦ジョイス・レイクランドとの激しいセックスが引き金となり、20年間眠っていた悪魔のような衝動が目を覚ました。過去の復讐も絡まり、ルーが次々と引き起こす怪事件。
思いもよらぬ切り札を用意した捜査チームに追いつめられていくルーの歪曲した自己破産が今、始まる...。

公式サイト、http://www.kim-movie.com

原題/THE KILLER INSIDE ME
製作/2010年
公開/2011年4月16日
   アメリカ・スウェーデン・イギリス・カナダ映画
   109分

監督/マイケル・ウィンターボトム
原作/ジム・トンプソン『おれの中の殺し屋』
脚本/ジョン・カーラン

出演/ケイシー・アフレック
    :ルー・フォード/保安官助手
   ケイト・ハドソン
    :エイミー・スタントン(ルーの恋人)/女教師
   ジェシカ・アルバ
    :ジョイス・レイクランド/娼婦
   サイモン・ベイカー
    :ハワード・ヘンドリックス/郡検事
   ビル・プルマン
    :ビリー・ボーイ・ウォーカー/弁護士

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック