映画「アジャストメント」チラシ

CIAや国防総省など巨大な力を持つ存在に対峙してきたマット・デイモンが今度は「運命」と立ち向かう。原作はSF界に革命をもたらし、『マイノリティ・リポート』や『ブレードランナー』などで世界に衝撃を与えてきたフィリップ・K・ディック。これ以上ないキャスティングとストーリーが融合し、全く独創的で予測不可能の展開が待ち受けるエンターテインメント大作が誕生した...。

画像
画像
〈ストーリー〉
将来有望な若手政治家デヴィッド・ノリスは、ある日エリース・セラスという美しいバレリーナと「運命的」に出逢い、恋に堕ちる。しかし次の瞬間、突如現れた「アジャストメント・ビューロー(運命調整局)」と呼ばれる男たちによって、彼は拉致されてしまう。
彼らの目的は、本来「恋に落ちる予定ではなかった」デヴィッドとエリースを引き離し、「運命の書」に記述された運命に従わせることだった。混乱するデヴィッドに突きつけられたのは、「この世のすべての運命は、ビューローがすでに決めた運命から逸脱しないよう常にモニターされ、操作されている」という、信じがたい現実の「裏側」だった。
超人的な能力で運命を操作する彼らに対し、愛する女性と再会すべく必死の抵抗を試みるデヴィッド。彼はやがて、ビューローの真の目的と、その背後に潜む更に巨大な力の存在に気付き始めるのだ...。

公式サイト、http://adjustment-movie.jp

原題/THE ADJUSTMENT BUREAU
製作/2011年
公開/2011年5月27日 アメリカ映画

監督/ジョージ・ノルフィ
原作/フィリップ・K・ディック『Adiusutment Team』

出演/マット・デイモン
    :デヴィッド・ノリス/政治家
   エミリー・ブラント
    :エリース・セラス/バレリーナ
   テレンス・スタンプ
    :トンプソン
   アンソニー・マッキー
    :ハリー

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック