映画「アイ・アム・ナンバー4」チラシ

選ばれし「9人」の若者たち。3人が消された時、ナンバー4の戦いが始まる。残りの仲間を探し、「宿命」を変えるために...。
スティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスの最新作『アイ・アム・ナンバー4』。製作は『トランスフォーマー』のマイケル・ベイ。原作のベストセラー同名小説が、マイケル・ベイを惹き付けたのは、「主人公ナンバー4を待ち受ける過酷な運命と、世界の存亡に関わる使命の大きさ」だった。

画像
画像
〈ストーリー〉
世界へ散らばった9人の「選ばれしものたち」。彼らは追っ手から逃げるように町を転々とし各地で暮らし成長していた。9人のうち「ナンバー1」から「3」までが何者かに消される中、ジョン・スミスを名乗る「ナンバー4」は、次のターゲットは自分であることを予見すると同時に、不思議な特殊能力が開花していることを自覚する。強大なパワーに戸惑いながら自らの使命を悟ると、世界に散った残りの仲間を探すことを決意する。だが、その時すでに敵の魔の手が迫ってきていた。世界の存亡をかけた激しい戦いの火ぶたが切られようとする中、まだ見ぬ仲間たちを探し求め、「ナンバー4」の戦いが始まる...。

公式サイト、http://No4-movie.jp

原題/I AM NUMBER FOUR
製作/2011年
公開/2011年7月8日 アメリカ映画

監督/D・J・カルーソ
原作/ピタカス・ロア『アイ・アム・ナンバー4』
脚本/アルフレッド・ガフ
   マイルズ・ミラー
   マーティ・ノクソン

出演/アレックス・ペティファー
    :ジョン・スミス「ナンバー4」/特殊能力者
   テリーサ・パーマー
    :「ナンバー6」/女戦士
   ダイアナ・アグロン
    :サラ/謎の美少女
   ティモシー・オリファント
    :ヘンリー(ジョンの守護者)
   カラン・マッコーリフ
    :サム(ジョンの友人)/高校生
   ジェイク・アベル
    :マーク(サラの元彼氏)/高校生

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック