映画「魅せられて」パンフ

自殺した母親の残した詩を手掛かりに、19歳のルーシーはアメリカを離れ、母の友人でイタリアのトスカーナに住む芸術家グレイソン夫妻の家を訪れる。ルーシーは実の父親についての解明と、4年前にファースト・キスを交わし恋心を抱いた青年に会う目的があった。ルーシーが放つミューズの輝きと美しさは神秘的な魅惑にあふれ、同世代の若者たちをとりこにし、葡萄園で愛し合ったひと夏の恋と初体験を通して、彼女は大人への第一歩を踏み出していく....。

画像
画像
〈ストーリー〉
アメリカに住む19歳のルーシーは、母親のサラが自殺し心に深い傷を負う。詩人でモデルでもあったサラは、自由奔放に生き母としての責任感に欠けていたが、ルーシーは母の残した詩に秘められた自分の出生と、実の父親についての謎を解明するため、イタリアのトスカーナへ旅立つ...。

実はルーシーには、もう一つの目的があった。4年前に訪れたトスカーナで、ニコロ・ドナーティとファースト・キスを交わした甘美な初恋の思い出が忘れられず、手紙も途絶えたニコロに会いたかったのだ。
葡萄園と美しい自然に囲まれて住む芸術家イアン・グレイソンと夫人のダイアナのアトリエつきの家にやって来たルーシーは、再会を喜んでくれた母の親友夫妻に歓迎される。4年の間に神秘的な美少女に成長したルーシーの燃えるような瞳にイアンは心奪われ、彼女をモデルに肖像画を描き始める。

グレイソン夫妻の家には、白血病で自分の死期が近いことを知っている劇作家のアレックスが、病院から一時退院して静養していた。アレックスもルーシーの美しさに魅せられたひとりだった。
失恋の痛手を負っている中年のジャーナリストのノミエ、ダイアナと前夫との間の娘で人生に倦怠したミランダも、この家でひと夏のバカンスを過ごしていた。外見は平穏そのもののグレイソン家だったが、すでに家族の絆はバラバラで、なんとか家を支えているのは夫妻の幼い娘・デイジーと、ダイアナの包容力にあふれた愛情だけだった...。

原題/STEALING BEAUTY
製作/1996年
公開/1996年8月3日 イタリア映画 118分

監督・物語/ベルナルド・ベルトルッチ
脚本/スーザン・ミノー

出演/リヴ・タイラー
    :ルーシー・ハーモン/少女
   ジェレミー・アイアンズ
    :アレックス・パリッシュ/劇作家
   シニード・キューザック
    :ダイアナ・グレイソン(イアンの妻)
   ジャン・マレー
    :ムッシュ・ギヨーム/骨董品ディーラー
   ドナール・マッキャン
    :イアン・グレイソン/芸術家
   カルロ・セッチ
    :カルロ・リスカ
   ステファニア・サンドレッリ
    :ノミエ/ジャーナリスト
   D・W・モフェット
    :リチャード・リード(ミランダの恋人)/弁護士
   レイチェル・ワイズ
    :ミランダ・フォックス(ダイアナの娘)
   ジョセフ・ファインズ
    :クリストファー・フォックス(ミランダの父)
   イグナツィオ・オリヴァ
    :オスヴァルド・ドナーティ(ニコロの弟)
   ロベルト・ジベッティ
    :ニコロ・ドナーティ(ルーシーの初恋の人)

映画チラシ・新作パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック