映画「グリーン・ランタン」パンフ

地球の人々は、知らなかった。この広い宇宙に、平和を守る者たちがいることを...。彼らの名は「グリーン・ランタン」。数十億年前、不死身の種族である「ガーディアン」が、銀河系の様々な星から勇者を集めて作り出した宇宙警察機構だ。宇宙最強の武器「パワーリング」によって選ばれる勇者の資格は、恐怖を克服できること。そのためこれまで地球人から、グリーン・ランタンが誕生することはなかった。ところが、無人の星に幽閉されていた、グリーン・ランタン最大の敵が甦り、宇宙存続の危機が訪れた時、パワーリングは新たなる戦士に、なぜか地球人を指名したのだ。それも一流のテストパイロットだが自信過剰でお調子者で、勇者よははるか遠くかけ離れた男、ハル・ジョーダンを。果たしてそんなハルに、宇宙を救うことができるのか...?

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
宇宙の平和を守るグリーン・ランタンに、最大の危機が訪れた。かつて伝説の戦士アビン・サーが無人の星に封じ込めた最も危険な敵「パララックス」がついに封印を破り、復讐を開始したのだ。新パワーを獲得したパララックスに襲われ、致命傷を負ったアビン・サーは、近くの星で新しいメンバーを選ぶために、宇宙船を発進させる。

アビン・サーが向かった2814の星「地球」では、ひとりのテストパイロットが戦闘機を操縦していた。彼の名は、ハル・ジョーダン。腕はいいが、自信過剰でお調子者の性格が災いして、重要なテスト飛行に失敗してしまう。恐怖に固まるハルだったが、墜落寸前に脱出して助かるのだ。でも社長の娘で次期経営者候補のキャロル・フェリスから謹慎を言い渡される。彼女はハルの元恋人で、激怒しながらも彼の身を案じていたのだ...。

海岸に不時着したアビン・サーは、パワーリングに「しっかり選べ」と声をかける。「恐怖を克服出来る勇者」を選ぶのは、宇宙最強の武器パワーリングの役目だ。そしてそのリングが選んだのは、勇者にはほど遠いと思われるハル・ジョーダンだった。アビン・サーは「栄誉と責任ある役目」をハルに引き継ぎ、息を引き取るのだった...。

原題/GREEN LANTERN
製作/2010年
公開/2011年9月10日 アメリカ映画 114分

監督/マーティン・キャンベル
脚本/グレッグ・バーランティ
   マーク・グッゲンハイム
   マイケル・グリーン
   マイケル・ゴールデンバーグ

出演/ライアン・レイノルズ
    :ハル・ジョーダン「グリーン・ランタン」/
           「フェリス航空」テストパイロット
   ブレイク・ライブリー
    :キャロル・フェリス(ハルの元恋人)/
           「フェリス航空」テストパイロット
   ピーター・サースガード
    :ヘクター・ハモンド/大学地球生物学講師
   マーク・ストロング
    :シネストロ/グリーン・ランタン
                 (セクター1417担当)
   アンジェラ・バセット
    :アマンダ・ウォーラー/科学者・博士
   ティム・ロビンス
    :ハモンド(ヘクターの父)/上院議員
   テムエラ・モリソン
    :アビン・サー/グリーン・ランタン
                 (セクター2814担当)
   ジェイ・O・サンダース
    :カール・フェリス(キャロルの父)/
                 「フェリス航空」社長
   ジョン・テニー
    :マーティン・ジョーダン(ハルの父)
   タイカ・ワイチチ
    :トム・カルマック(ハルの親友)/
             「フェリス航空」航空機専門家
(声)ジェフリー・ラッシュ
    :トマ・レー/グリーン・ランタン
                 (セクター2813担当)
(声)マイケル・クラーク・ダンカン
    :キロウォグ/グリーン・ランタン
                 (セクター674担当)

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック