映画「4デイズ」チラシ

イスラム系アメリカ人のテロリストから、突如出された犯行声明。その内容は「4日以内に、米国国内の3都市に仕掛けられた核爆弾が爆発する」という恐るべきものだった。FBI捜査官と尋問のスペシャリストが手を組み、逮捕した犯人から核爆弾の隠し場所を聞き出そうとするのだが...。
犯人の目的は一体何なのか?
彼らはテロを防ぐことができるのか?
本作は、今も日常に潜むテロの脅威を描くと共に、イラク戦争の功罪を提起しながら、陰で実際に行われているかもしれないテロリストに対する尋問という名の拷問シーンも大胆に映像化した、センセーショナルな衝撃作です。
原題の「UNTHINKABLE」とは、「考えられないこと、思いも寄らぬこと」という意味です。

画像
画像
〈ストーリー〉
アメリカ政府に、あるテープが送られてきた。そこに映されていたのは、国内の3都市に核爆弾が仕掛けられており、4日後に爆発するという衝撃的なテロの予告だった。犯人はイスラム系アメリカ人、スティーヴン・アーサー・ヤンガー。FBIロサンゼルス地方局でテロ対策チームを率いるヘレン・ブロディ捜査官は、CIAに雇われている謎の特別尋問スペシャリスト「H」と組んで、自ら進んで逮捕されたヤンガーを極秘に監禁し、爆弾を仕掛けた場所を吐かせようと尋問するのだが...。
拷問をエスカレートする「H」。残された時間はあとわずか。犯人の目的は一体何なのか...?

公式サイト、http://4days.jp

原題/UNTHINKABLE
製作/2009年
公開/2011年9月23日 アメリカ映画 97分

監督/グレゴール・ジョーダン
脚本/ピーター・ウッドワード

出演/サミュエル・L・ジャクソン
    :「H」/尋問スペシャリスト
   キャリー=アン・モス
    :ヘレン・ブロディ/連邦捜査局(FBI)
                ロサンゼルス地方局捜査官
   マイケル・シーン
    :スティーヴン・アーサー・ヤンガー/爆弾テロ犯人
   ブランドン・ラウス
    :DJ・ジャクソン/連邦捜査局(FBI)
                ロサンゼルス地方局捜査官
   スティーヴン・ルート
    :チャールズ・トムソン

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック