映画「コンテイジョン」チラシ

地球規模で発生した正体不明のウィルス感染。だが、ウイルスよりも早く感染したのは、「恐怖」だった...。
ハリウッド最高峰の豪華キャストを迎えて、アカデミー賞受賞監督のスティーヴン・ソダーバーグが描くグローバル・サスペンス超大作!
香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。謎のウイルス感染が発生したのだ。新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。
米国疫病予防管理センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保険機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。だが、ある過激なジャーナリストが、政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、人々の恐怖を煽る。その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り、社会は崩壊していく。国家が、医師が、そして家族を守るごく普通の人々が選んだ決断とは...?

画像
画像
〈ストーリー〉
たった1回の接触。それはほんの一瞬から始まった...。
「会えてよかった」。飛行機を待つ間、かつての恋人ジョン・ニールと携帯電話で話すベス・エムホフ。香港に出張したベスは、夫のミッチが待つミネソタの自宅にまっすぐ帰らずに、シカゴでジョンと密会したのだ。
ベスは咳き込み発熱していた。そして、同じような症状の人間が各地で亡くなる。香港ではカジノのウエイターが、ロンドンではウクライナ人モデルが、さらに東京でもビジネスマンがバスの中で突然倒れる。

何かあると最初に嗅ぎ付けたのは、フリー・ジャーナリストのアラン・クラムウィディだった。彼は東京で男が倒れる映像をブログにアップし、政府が隠す伝染病ではないかと指摘する。

帰国から2日後、ベスの容体は急変、激しい痙攣を起こして意識不明に。救急車で運ばれるが間もなく死亡、呆然とするミッチに追い打ちをかけるように、ベスの連れ子のクラークも異変が。ミッチが帰宅した時には、すでにクラークの息はなかった。

報告を受けた世界保険機関(WHO)が動き出し、ドクター・レオノーラ・オランテスらが調査を始める。まもなくウエイターの妹とベスの不倫相手が死亡。ベスの解剖が行われるが、彼女の脳を見た医師は息をのみ、「全方面に通報しろ!」と助手に命じるのだった...。

公式サイト、http://www.contagion.jp

原題/CONTAGION
製作/2011年
公開/2011年11月12日 アメリカ映画 106分

監督/スティーヴン・ソダーバーグ
脚本/スコット・Z・バーンズ

出演/マリオン・コティヤール
    :レオノーラ・オランテス/
               世界保険機関(WHO)医師
   マット・デイモン
    :ミッチ・エムホフ(ベスの夫)
   ローレンス・フィッシュバーン
    :エリス・チーヴァー/
            疫病予防管理センター(CDC)博士
   ジュード・ロウ
    :アラン・クラムウィディ/フリー・ジャーナリスト
   グウィネス・パルトロウ
    :ベス・エムホフ(ミッチの妻)
   ケイト・ウィンスレット
    :エリン・ミアーズ/
           疫病予防管理センター(CDC)医師
   ブライアン・クランストン
    :ライル・ハガティ/海軍少将
   ジェニファー・イーリー
    :アリー・ヘクストール/
           疫病予防管理センター(CDC)医師
   サナ・レイサン
    :オーブリー・チーヴァー

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック