映画「KAIJI〈カイジ〉2/人生奪回ゲーム」チラシ

2009年に『カイジ ~人生の逆転ゲーム~』で実写映画化され大ヒットを記録した。そしてついに続編が登場!原作で一番人気のエピソード「欲望の沼」をベースに、今回は原作者の福本伸行も脚本に参加し、原作にないオリジナルゲームが考案され、前作を凌駕する熾烈な心理戦が、またしても繰り広げられます。
地下からの脱出「地獄チンチロ」、命がけの三択「姫と奴隷」、そして巨大モンスターマシーン「人喰い沼」。どのゲームもカイジ一人では勝ち目はない。カイジを初めとした「負け組」たちが、ドン底の人生から這い上がるため、人生を奪回するゲームに挑む!

画像
画像
〈ストーリー〉
数々の命懸けのゲームに勝利し、多額の借金を帳消しにした伊藤カイジだったが、1年も経たないうちに、またしても借金まみれの「負け組」に戻ってしまう。地下の強制労働施設送りとなったカイジは、仲間から募った109万5千円を手に、2週間だけ地上に出ることを許される。目的はただ一つ。カイジ自身と、カイジにすべてを託した仲間たちの借金を返済するため、2億円を手配すること。しかし、2週間で2億円を稼ぐという夢物語を実現させるためには...?
思案するカイジだったが、偶然にも帝愛グループが経営する裏カジノへの招待状を手にする。その裏カジノで遭遇したのは、当たれば10億円以上を稼げるモンスターマシーン、通称「沼」。一目で「沼」が裏カジノの完全なるコントロール下にあることを見抜いたカイジは、逆にその裏をつけば攻略できると直感する。しかし、ただでさえ難攻不落の「沼」を、更に100%攻略不可能なようにコントロールしている男がいた。裏カジノの冷酷な支配人、一条聖也だった。そして、一条とカイジの間には、驚愕の因縁があった。地上300メートルの超高層ビルの間に渡された細い鉄骨を渡るという、まさに命懸けのゲームに挑戦して渡り切った男は、一条とカイジの2人だけだったのだ...。

そんな、カイジにとって最大最強のライバル・一条が支配する「沼」を攻略するため、今回カイジは、同じ「負け組」の石田裕美、坂崎孝太郎、そして昨年カイジの行く手を阻み続けた元帝愛グループナンバー2の利根川幸雄とまで手を組む。利根川はカイジに負けて失脚し、フリーターとなっていた。それぞれの理由でドン底の人生を送る「負け組」4人が、希望ある人生を奪回するため、またしても命を懸けた数々の究極ゲームに挑む!

公式サイト、http://kaiji-movie.jp

製作/2011年
公開/2011年11月5日 日本映画 133分

監督/佐 藤 東 弥
原作・脚本/福 本 伸 行『カイジ』
脚本/山 崎 淳 也
   大 口 幸 子

出演/藤 原 竜 也
    :伊藤カイジ/地下強制労働施設E班労働員
   伊勢谷 友 介
    :一条 聖也/裏カジノ「La Mare Au Diable
                  (魔の沼)」支配人
   吉 高 由里子
    :石田 裕美/裏カジノ「La Mare Au Diable
                  (魔の沼)」店員
   生 瀬 勝 久
    :坂崎孝太郎/元大手ゼネコン現場監督
   香 川 照 之
    :利根川幸雄/元帝愛グループナンバー2
   松 尾 スズキ
    :大槻 太郎/地下強制労働施設E班班長
   柿 澤 勇 人
    :村上  保/裏カジノ「La Mare Au Diable
                  (魔の沼)」主任
   光 石   研
    :石田 光司(裕美の父)
   嶋 田 久 作
    :黒崎 義裕/帝愛グループナンバー2

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック