映画「亡国のイージス」パンフ

イージス(AEGIS)、それはギリシャ神話に登場する「無敵の盾」を意味する。
しかし日本において、それが某国からの攻撃に対し「無敵の盾」に本当になるのか。日本国憲法では、某国から攻撃されれば戦闘態勢(防衛)はできるが、先制攻撃は出来ない。それで良いのかという疑問を投げかける問題作です。
撮影は、防衛庁、海上自衛隊、航空自衛隊の全面協力のもと実物のイージス艦、戦闘機という全てが空前のリアリティの中で行われた。また世界第一線で活躍するハリウッド・スタッフも参加し、まさに世界スケールのスペクタクルが誕生しました。さらに多用なカメラ・アングルを実現するため、静岡県相良町に実物大のイージス艦の全長161メートルのうち、全体の約3分の2となる長さ77メートル、幅21メートルの大きさのオープンセットを建造し、圧倒的なリアリティとともに撮影されています。

『イージス』
ギリシャ神話に登場する最高神ゼウスが娘アテナに与えた、あらゆる邪悪を払う「無敵の盾」のこと。
もう一つの意味は、最新鋭の防空システムを搭載し、専守防衛の象徴ともいえる海上自衛隊の主力護衛艦。フェーズド・アレイ・レイダーを中心とした、イージス・システムを搭載している。システムの一部である情報処理や武器管制装置などにより、高い捜索能力と防衛能力を持つ。


『フェーズド・アレイ・レイダー』
簡単に言えば、虫の目のような役割を果たす。このレーダーによって200以上の目標を瞬時に補足、識別、追尾。さらにこれと並行して、搭載する対空・対艦ミサイルを同時に射出、誘導、命中させるという、即応性に優れた防御システム。

『海上自衛隊の階級』
海将(制服組トップ)
海将補
1等海佐(本作では、純白の幹部常装第三種夏服を着用)
2等海佐
3等海佐
1等海尉
2等海尉
3等海尉
准海尉
海曹長(この下から本作では、青い海曹士作業服装を着用)
1等海曹
2等海曹
3等海曹
海士長
1等海士
2等海士
3等海士(自衛隊生徒であるため、現場には出ない)


『先任伍長とは?』
護衛艦の艦内組織は、「幹部と曹士」という二種類の階級区分が基本となっている。本作では、白の第三種夏服を着ているのが幹部で、青の海曹士作業服を着ているのが曹士である。艦の大半は曹士隊員であり、彼らの日常生活を取りまとめる人間が必要となる。このため、護衛艦では古参の海曹長(曹士の中での最上位)の中から責任感、知識・技能、指導力に優れた者を先任海曹に任命。さらに、その中から先任伍長を一人だけ厳選し、曹士隊員を掌握させるのだ。このため、先任伍長はその艦のエキスパートという立場になり、同時に隊員にとっての父親代わりとなる。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
一人息子を亡くしたばかりの海上自衛隊護衛艦「いそかぜ」副長(副艦長)・宮津弘隆の家に、ある男が訪ねて来る。それが全ての始まりだった。
護衛艦「いそかぜ」は、海上訓練に出港しようとしていた。今回の訓練を審査する溝口哲也3等海佐が率いる、海上訓練指導隊(FTG)が物々しい装備で乗り込んで来る中、艦は出港することとなる。しかし、衣笠艦長が何者かに暗殺され、海上からは謎の女が密かに艦内に侵入し、陰謀が進行しつつあった...。
そんな中、魚雷発射訓練中に事故が発生し、新米の隊員が魚雷の下敷きになり死亡する。それでも訓練を続行しようとする艦の上層部に抗議しようとした先任伍長の仙石恒史は、FTGの山崎2等海尉から驚くべき事実を告げられる。
「この艦内に某国の工作員が潜入しており、この艦の占拠を狙っている。我々はテロを未然に防ぐために来た政府の諜報機関DAISの調査官である」と言う。そして「その工作員、如月(きさらぎ)を操っているのは『ヨンファ』という恐るべきテロリストであり、宮津の息子も利用されて殺されたのだ」と言うのだ。
溝口たちの言葉をにわかには信じられない仙石だったが、そのころは如月は機械室を占領すると仕掛けた爆薬を爆発させるのだ。機械室に立てこもった如月を説得しようと、仙石は点検用ハッチから忍び込む。しかし、如月は自分がDAISの一員であり、溝口こそが「ヨンファ」であり、宮津副長以下、この艦の幹部たちも全て彼らの仲間だと主張するのだ...。

英題/AEGIS
製作/2005年
公開/2005年7月30日 日本映画 127分

監督/阪 本 順 治
原作/福 井 晴 敏『亡国のイージス』
脚本/長谷川 康 夫
   飯 田 健三郎

出演/真 田 広 之
    :仙石恒史/イージス護衛艦「いそかぜ」
            先任伍長=海上自衛隊・海曹長
   寺 尾   聰
    :宮津弘隆/「いそかぜ」副長・2等海佐
   佐 藤 浩 市
    :渥美大輔/防衛庁情報局(DAIS)内事本部長
   中 井 貴 一
    :溝口哲也/海上訓練指導隊(FTG)3等海佐
    :ホ・ヨンファ/元某国偵察局工作員・少佐
   勝 地   涼
    :如月 行/「いそかぜ」FCS/ORTS員・1等海士
   チェ・ミンソ
    :ジュンヒ(ヨンファの妹)元某国偵察局工作員
   吉 田 栄 作
    :竹中 勇/「いそかぜ」船務長・3等海佐
   谷 原 章 介
    :風間雄大/「いそかぜ」水雷士・3等海尉
   豊 原 功 補
    :杉浦丈司/「いそかぜ」砲雷長・3等海佐
   安 藤 政 信
    :山崎謙二「ドンチョル」/(FTG)2等海尉
   原 田 芳 雄
    :梶本幸一朗/内閣総理大臣
   原 田 美枝子
    :宮津芳恵(弘隆の妻)
   岸 部 一 徳
    :瀬戸和馬/内閣調査室情報官
   真 木 蔵 人
    :宗像良昭/航空自衛隊「三沢基地所属」
             飛行隊操縦士・1等空尉
   橋 爪   淳
    :衣笠秀明/「いそかぜ」艦長・1等海佐
   中 村 育 二
    :横田利一/「いそかぜ」航海長・1等海尉
   中 沢 青 六
    :酒井宏之/「いそかぜ」機関長・3等海佐
   光 石   研
    :若狭祥司/「いそかぜ」掌帆長・海曹長
   斉 藤 陽一郎
    :田所祐作/「いそかぜ」CIWS員・海士長
   森 岡   龍
    :菊政克美/「いそかぜ」51番砲員・2等海士
   平 泉   成
    :明石智司/警察庁長官
   佐々木 勝 彦
    :佐伯修一/防衛庁長官
   天 田 俊 明
    :木島祐孝/統合幕僚会議議長
   池 内 万 作
    :服部 駿/(DAIS)局員
   矢 島 健 一
    :阿久津徹男/護衛艦「うらかぜ」艦長・2等海佐
   竹 村   健
    :武石 誠/潜水艦「せとしお」艦長・2等海佐

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック