映画「ヒミズ」チラシ

世界が涙した!魂を揺さぶる衝撃の青春感動作!
愛と希望にむせかえる、まさかの「ヒミズ」が実写版で登場。
「行け!稲中卓球部」で時代を確立したカリスマ漫画家・古谷実がギャグ路線を完全に封印した超問題作コミック「ヒミズ」の実写による映画化です。
夢と希望を諦め、深い暗闇を歩く少年と、愛だけを信じる少女の、魂の出会い。絶望だらけの世界の果てに、彼らが見たものとは...。
本作は、第68回ヴェネチア国際映画祭で、日本人としては初となる最優秀新人俳優賞を染谷と二階堂がW受賞するという快挙を成し遂げた作品です。

原作とは大きくラストが変わっています。ラストが変わった台本を初めて読んだ時、素直に、凄く感動しました。これまでに台本を読んで泣きそうになるなんて、経験したことがなかったので、自分でもちょっとビックリですね。園監督は、「希望に負けた」っておっしゃってました。まさにその言葉が相応しいラストだと思います。
(by. 染谷将太)


画像
画像
〈ストーリー〉
住田祐一、15歳。彼の願いは、「普通」の大人になること。大きな夢を持たず、ただ誰にも迷惑をかけずに生きたいと考える祐一は、実家の貸しボート屋に集う、震災で家をなくした大人たちと、平凡な日常を送っていた。

茶沢景子、15歳。夢は愛する人と守り守られ生きること。他のクラスメイトとは違い、大人びた雰囲気を持つ少年・住田祐一に恋い焦がれる彼女は、彼に猛アタックをかける。疎ましがられながらも祐一との距離を縮めていけることに、喜びを感じる景子。

しかし、そんな二人の日常は、ある「事件」を境に一変する。借金を作り、蒸発していた祐一の父が戻ってきた。金の無心をしながら、祐一を激しく殴りつける父親。さらに、母親もほどなく、中年男と駆け落ちしてしまい、彼は中学3年生にして天涯孤独の身となってしまう。そんな祐一を必死で励ます景子。そして、彼女の気持ちが徐々に祐一の心を解きほぐしつつある時、その事件は起こった...。
衝動的に父親を殺してしまった祐一は、唯一の願いである、「普通」の人生を全うすることを諦め、その日からの人生を「オマケ人生」と名付け、その目的を、世の中の害悪となる「悪党」を見つけ出し、自らの手で殺すことに決めたのだ。

夢と希望を諦め、深い暗闇を歩き出した少年と、ただ、愛だけを信じ続ける少女。二人は、巨大な絶望を乗り越え、再び、希望という名の光を見つけることができるのだろうか...?

公式サイト、http://himizu.gaga.ne.jp

製作/2011年
公開/2012年1月14日 日本映画 129分

監督・脚本/園   子 温
原作/古 谷   実『ヒミズ』

出演/染 谷 将 太:住田 祐一/中学3年生
   二階堂 ふ み:茶沢 景子/中学3年生
   渡 辺   哲:夜野 正造
   吹 越   満:田村 圭太
   神楽坂   恵:田村 圭子
   光 石   研:住田(祐一の父)
   渡 辺 真起子:住田(祐一の母)
   黒 沢 あすか:茶沢(景子の母)
   でんでん   :金子
   村 上   淳:谷村
   窪 塚 洋 介:「テル彦」
   吉 高 由里子:ミキ
   西 島 隆 弘(AAA):「YOU」
   鈴 木   杏:ウエイトレス
   諏 訪 太 朗:「まーくん」
   堀 部 圭 亮:茶沢(景子の父)
   モ ト 冬 樹:てつ

映画チラシ・新作パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック