映画「ロマンシング・ストーン/秘宝の谷」パンフ

冒険ロマンス小説の女流作家ジョーン・ワイルダーが、南米コロンビアで誘拐された姉のエレインを救出するためジャングルで体験する大冒険。姉を誘拐した密輸ギャング一味は、ジョーンの持っている地図を身代金がわりに要求してくるが、実はこの地図には巨大な秘宝エメラルドのありかが書かれていた。この地図を狙ってコロンビアの悪徳政治家ゾロまでもが軍隊を組織してジョーンを追う三つ巴の宝探しアクションであり、ジョーンが出会った流れ者とのロマンス物語でもあります。

画像
画像
〈ストーリー〉
ジョーン・ワイルダーは冒険ロマンス小説のベストセラー作家として人気抜群の才女だった。徹夜で書き上げた小説のヒロインは「アンジェリーナ」といいジョーンの分身でロマンチックな夢見る女。そして彼女をいつも危ないところで助け出してくれるヒーローは「ジェシー」といい、二人のロマンスが世界の読者を湧かせていた。
ジョーンは書き上げた小説を親友で出版社に勤めるグロリアのもとに届けた後、マンションに帰って驚いた。何者かが侵入し荒らされていたのだ。幸いにも盗まれたものはなかったが、犯人は何かを探した形跡があった...。

やがて南米コロンビアにいる姉のエレインから長距離電話がかかってきた。彼女は南米のギャングに誘拐され、沖に停泊中の船の中に監禁されていて、数日前にジョーン宛に夫が出した郵便物の中の地図と交換に命が助けられることになっていた。エレインの夫はすでに殺害されており、たしかに彼から送られた地図はジョーンのもとにあったのだ。
ジョーンは飛行機でコロンビアに飛んだ。空港を降りたジョーンは指定されたカルタヘナ行きのバスに乗ろうとするが、言葉がわからない。やっと英語が通じた男に教えられバスに乗ったジョーンだったが、その男はニューヨークから彼女を追っていたコロンビアの悪徳政治家ゾロだったのだ。そうとも知らず教えられた通り、そして実は逆方向のバスに乗ったジョーンは、行けども行けどもジャングルばかりで、不安になりバスの運転手に声をかけた。ジョーンと会話が通じないまま話し合っていた運転手はハンドルをきりそこねて、バスは横転してしまう。やがてジョーンはそこで一人になってしまい、夕陽が沈みだした。その時、一発の銃声を轟かせ、彼女の夢の作中人物「ジェシー」にそっくりな男が登場した。彼はジャック・コルトンというアメリカ人だった。地獄に仏の心境のジョーンは、彼に案内してもらうことにしたのだ...。

原題/ROMANCING THE STONE
製作/1984年
公開/1984年 アメルカ映画 106分

監督/ロバート・ゼメキス
脚本/ダイアン・トーマス

出演/マイケル・ダグラス
    :ジャック・コルトン/アメリカ人冒険家
   キャスリーン・ターナー
    :ジョーン・ワイルダー/女流作家
   ダニー・デヴィート
    :ラルフ/密輸組織一味
   ザック・ノーマン
    :アイラ/ギャング
   マヌエル・オヘイダ
    :ゾロ/政治家
   メアリー・エレン・トレイナー
    :エレイン(ジョーンの姉)
   アルフォンゾ・アラウ
    :ファン(ジョーンの熱狂的愛読者)
   ホーランド・テイラー
    :グロリア(ジョーンの親友)出版社社員

映画チラシ・上映中パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック