映画「マーガレット・サッチャー/鉄の女の涙」チラシ

2011年、内気な王に涙し、2012年、強気な女性リーダーに涙する。『英国王のスピーチ』に続き、本年度第84回米アカデミー賞主演女優を受賞したメリル・ストリープ主演の「鉄の女」マーガレット・サッチャーの真実の物語。
英国史上初、かつ唯一の女性首相マーガレット・サッチャーは、その強い信念により、当時の封建的な男社会の中でも、強力なリーダーシップを発揮した。フォークランド紛争での勝利、労働組合制度の改革、低迷する経済の立て直し、国内のみならず、世界中に影響を与え続け、「鉄の女」と呼ばれていた。これは単なる政治家の偉人伝ではない。妻として、母として、国のリーダーとして力の限り闘い続けたひとりの女性の感動の物語である。

画像
画像
〈ストーリー〉
雑貨商の家に生まれたマーガレットは市長も務めた父の影響で政治家を志すが、初めての下院議員選挙に落選してしまう。失望する彼女に心優しい事業家デニス・サッチャーがプロポーズする。
「食器を洗って一生を終えるつもりはない」野心を隠さないマーガレットを、デニスは寛容に受け入れる。双子にも恵まれ、幸せな家庭を築く一方で、マーガレットは政治家としての階段も昇りはじめる。失墜した英国を再建する。それは気の遠くなるような闘いだった。だが、彼女はその困難に立ち向かう。愛する夫や子供たちとの時間を犠牲にし、たった一人で闘い続けた。深い孤独を抱えたまま。

現在のロンドン。どんなに苦しい時も支え続けてくれた夫・デニスは既に他界した。だが、マーガレットは未だに夫の死を認識していないのか、時折不可解な行動が目立つ。思い出の洪水の中で、デニスの遺品を手に取り彼女はつぶやく。
「あなたは幸せだった?」と...。

現在83歳のマーガレット・サッチャー。娘の回顧録によると、認知症を患っているという。

公式サイト、http://ironlady.gaga.ne.jp

原題/THE IRON LADY
製作/2011年
公開/2012年3月16日 イギリス映画 105分

監督/フィリダ・ロイド
脚本/アビ・モーガン

出演/メリル・ストリープ
    :マーガレット・サッチャー/元英国首相
   ジム・ブロードベント
    :デニス・サッチャー(マーガレットの夫)
   オリヴィア・コールマン
    :キャロル・サッチャー(マーガレットの娘)
   ハリー・ロイド
    :デニス・サッチャー《青年時代》
   アレクサンドラ・ローチ
    :マーガレット・サッチャー《少女時代》
   イアン・グレン
    :アルフレッド・ロバーツ
   アンソニー・ヘッド
    :ジェフリー・ハウ
   リチャード・E・グラント
    :マイケル・ヘーゼルタイン

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック