映画「ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer」パンフ

1999年にTBS系列で放送されたTVドラマの映画版。迷宮入り事件の継続調査を行う捜査一課弐係に配属された、天才と天然ボケが入り混じった柴田純。彼女の先輩で、妹をレイプして自殺に追い込んだ男、朝倉を執拗に追う真山徹ら、個性的な面々がそのまま登場します。

15年前、厄神島に向かう客船が沈没し、9名の乗客のうち霧島夫妻だけが死亡。当時、生き残った7人による殺人の疑いもかけられたが、証拠不充分で迷宮入りとなっていた。その霧島夫妻の娘・七海が生き残りのメンバーを厄神島に招待する。招待客の一人、磯山早苗の娘・章子に同行を依頼された柴田と真山も島へ向かうが、そこで七海は死のゲームのスタートを宣言する。その時から客たちは次々と殺されていく...。

画像
画像
〈ストーリー〉
未解決事件のケイゾク調査を専門に扱う「捜査弐係」に、係長として帰ってきた柴田純は、時効寸前の15年前の海難事故の調査のため、真山とともに厄神島に向かう。様々なものが時として跡形もなく消えてしまうという伝説のあるこの島で、彼女を待っていたのは海難事故の犠牲者の娘・七海による連続予告殺人だった。全てが消えていく島で次々と事故の関係者が消えていく。事件の核心に迫っていく柴田だが、その先には想像も絶する危険な罠が待ちかまえていた...。

製作/2000年
公開/2000年3月4日 日本映画 119分

監督/堤   幸 彦
脚本/西 荻 弓 絵

出演/中 谷 美 紀
    :柴田  純/警視庁捜査一課弐係係長・警部
   渡 部 篤 郎
    :真山  徹/警視庁捜査一課弐係主任・警部補
   鈴 木 紗理奈
    :木戸  彩/警視庁捜査一課弐係係員・巡査
   小 雪
    :霧島 七海/15年前の海難死亡事故者の娘
   生 瀬 勝 久
    :遠山金太郎/警視庁捜査一課弐係主任・警部補
   竜   雷 太
    :野々村孝太郎/警視庁捜査一課弐係係長・警部
   泉 谷 しげる
    :坪坂 邦男/元警視庁町田署刑事

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック